colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

客船〈guntû ガンツウ〉
尾道から出港。
建築家・堀部安嗣さんによる
せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿

コロカルニュース
vol.2241

posted:2017.11.5  from:広島県尾道市  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2017年10月17日、広島の尾道から新造船〈guntû(ガンツウ)〉が出港しました。
これは「せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿」というコンセプトから生まれた、宿泊できる船。
海上をゆく姿は、まるで建物が浮かんでいるよう。

設計を手がけたのは、建築家の堀部安嗣さん。
なんとも稀有な美しさです。

guntûはベラビスタマリーナ(広島県尾道市)から出港し、
1泊から3泊かけてまち並みが間近に迫る海峡や、
山の稜線が重なる多島美などを周遊します。

運営は、「せとうちと共に生きる」を理念に建設やアパレル事業などを手がける
〈せとうちホールディングス〉の傘下にある〈せとうちクルーズ〉。

「瀬戸内海のよさは、海にこそある」という発想から
海だからこそ出会える、瀬戸内の伝統や文化を凝縮した旅のスタイルを構想したのだとか。

船内には、展望デッキにダイニング、縁側、カフェ/バー、鮨カウンター、炭焼き台、
ショップ、ラウンジ、ジム、トリートメントルーム(エステ)、サウナ付き大浴場があります。
船の上にいることを忘れてゆっくり過ごせそうですね。

メインダイニングは、東京都原宿の老舗割烹〈重よし〉の佐藤憲三さんが監修。
和食のほか、洋食やスイーツも楽しめます。

鮨カウンターの監修を手がけたのは、兵庫の人気店〈淡路島 亙(のぶ)〉の坂本亙生さん。
瀬戸内海の海の幸を船の上で味わえるなんて!

ラウンジでは、お客さんの目の前でつくられる、できたての和菓子を。
こちらの監修は奈良〈樫舎(かしや)〉の喜多誠一郎さんが手がけました。

Photo:Tetsuya Ito Courtesy of Setouchi Cruise

次のページ
環境に溶け込む建物を手がけてきた建築家・堀部安嗣さん

Page 2

環境に溶け込む建物を手がけてきた建築家・堀部安嗣さん

船の設計を手がけた堀部安嗣さんは、23年というキャリアのなかで
90を超える住宅やゲストハウス、店舗を手がけられてきたのだそう。

堀部さんが大切にしているのは、建築がまちにとってどうあるべきか、
住む人にとってどうあるべきかという「建築物の存在意義」。
高知県の「竹林寺納骨堂」や東京・阿佐ヶ谷の書庫など、
地域の環境に溶け込む施設もたくさん手がけられています。

guntûの予約は、東京の帝国ホテル内にある〈guntû Gallery ガンツウギャラリー〉
または、電話にて承っています。
同ギャラリーでは、落ち着いた空間のなかでゆっくり旅の相談にのってもらえます。
来店は完全予約制とのこと。くわしくはこちらから。

Photo:Tetsuya Ito Courtesy of Setouchi Cruise

information

map

guntû ガンツウ

母港:ベラビスタマリーナ(広島県尾道市浦崎町1364−6)

客室:19室(4タイプ)

室料:1泊40万円〜100万円(1室を2名利用の場合)

施設:展望デッキ・ダイニング・縁側・カフェ/バー・鮨カウンター・炭焼き台・ショップ・ ラウンジ・ジム・トリートメントルーム(エステ)サウナ付き大浴場・テンダーボート(2艇)

問い合わせ:03-6823-6055(guntû Gallery)

運営:株式会社せとうちクルーズ

就航:2017年10月17日

Web:guntû

information

map

guntû Gallery 

住所:東京都千代田区内幸町1丁目1−1 帝国ホテル本館中2階

TEL:03-6823-6055

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日

Recommend