colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

「脱いだくつ下」鳥取編

水尻自子の方言アニメ
vol.045

posted:2013.2.5  from:鳥取県倉吉市  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 この連載・企画は… 〉  若手アニメーション作家・水尻自子のショートアニメを、各地域の方言でお届け。
声の出演者による方言エピソードなどもご紹介します。

左足:今日もよう働いたなあ、くたびれたわあ。

右足:あれ、なんだかくさいぜえ。

左足:ん? ほんにだ。えらいくさいわあ。

右足:こら、かわいいあの娘に、きらわれるでえ。

左足:いや、お前、彼女おったんか、ええなあ。

右足:まあだ、さーごとじゃないぜえ。でも好いとるにい。

左足:なら頑張んないよう! 応援するけえ。

右足:ありがとう。

右足:わーどーしょー。

●声の出演者より

親戚の旧家にて方言を教えていただいたのですが、イントネーションに、
独特さがあるなと思いました。
「〜ぜえ」「〜でえ」「〜けえ」など、語尾の特徴が目立ちます。
ほかに鳥取の方言として
「きょうてー」=怖い、おそろしい
「晩なりました」=こんばんは
「ごせ」=ちょうだい
「だらず」=馬鹿
「たいぎー」=面倒、だるい
などがあります。

鳥取育ちの自分は、子どものときから東京に憧れ、
極力、標準語を話すことを、昔から意識していました。
しかし、標準語を意識するあまり、
イントネーションのかけかたが、一層ひねくれ、
標準語でも方言でもないイントネーションを手に入れてしまい、
今にいたります。

●編集部より

たしかに、語尾が印象的ですね。
「きょうてー」は岡山でも使う言葉ですよね。
中国地方全域で使われているのでしょうか。
標準語と方言のあいだのイントネーションが身についてしまったそうですが、
方言も大切にしていきたいですね!

profile

Yoriko Mizushiri
水尻自子

みずしり・よりこ●1984年青森生まれ。手描きやコマ撮りアニメーションを中心に制作。新作「布団」が第14回広島国際アニメーションフェスティバルで木下蓮三賞を受賞するなど、気鋭のアニメーション作家として注目を集めている。

credit

声の出演:morishowtaさん

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ