colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

東北6県の工芸品がずらり!
〈東北スタンダードマーケット〉
仙台PARCO2に誕生!

コロカルニュース

posted:2016.8.9  from:宮城県仙台市  genre:活性化と創生 / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yuki Hashimoto

橋本ゆうき

はしもと・ゆうき●長崎県出身。これからの社会や暮らしについて考えるフリーペーパーの発行や、地元タウン誌の編集長などを経て、2016年よりフリーで活動。現在は長崎県西海市に移住し、より地域に密着しながら、豊かな暮らしのあり方を模索中。

credit

写真:太田拓実

東北のものづくりを軸として、
東北に根づいた「暮らし方」を見つめる〈東北STANDARD〉のショップが、
2016年7月1日にオープンした〈仙台PARCO2〉に誕生しました。

取り扱うのは、
東北の暮らしの中で長い間親しまれ、愛されてきた、
工芸品や日用品、デザイングッズ、食品など。
日常づかいにも、プレゼントにも使えるような、
東北6県の工芸品がずらりと並びます。

内装や什器は、東日本大震災後に生まれた〈石巻工房〉が手がけています。

東北地方の厳しい環境の中で生まれ、伝わり続けたものづくり。
その土地ならではの工夫や知恵、想いを受け継いだ「もの」たちは、
単なる商品でも、消費的なアイテムでもなく、
これからの「豊かな暮らし」を考えるヒントを授けてくれる存在のようです。

ショップでは、
同じく日本各地でつくられている、地域の文化を背景に持つ商品についても、
〈NIPPON STANDARD〉と名づけ、
フェアやイベントを定期的に行っていく予定なのだそう。

さらに今回、
アパレルブランド〈coen〉による新たなレーベル〈ACT LOCALLY〉と、
〈東北STANDARD〉がコラボレーション。
「ものと人と地域のつながり」を通じて新しい発見を伝える、という
〈ACT LOCALLY〉のコンセプトと、
新しい価値観のもと発信される東北の民工芸品が出会い、
東北の伝統や歴史を感じられるすてきな商品が生まれました。
こちらは、同じく〈仙台PARCO2〉内、
〈コーエン ジェネラルストア〉で展開されます。

次のページ
張り子や、裂いた古布を織り上げる裂織も!

Page 2

青森の津軽地方に江戸時代より伝わる伝統玩具「下川原焼のはと笛」。

「起き上がり小法師」や「赤べこ」など、縁起物として愛されてきた会津〈野沢民芸〉の張り子。

裂いた古布を織り上げ、衣服や生活用品へ再生する青森の南部地方の「裂織」。

〈東北スタンダードマーケット〉のオーナー・金入健雄さんは、
「長い年月の間、変わらず残ってきた東北の暮らしの中から、
これからを生きるための
インスピレーションや楽しみを見つけてもらえればうれしい」と、ひと言。

8月1日からは、東北や東京の硝子工房の商品が一堂に揃う、
「グラスウェア」のフェアも開催。
秋田県秋田市の〈硝子工房窯硝〉、
青森県深浦町の〈白神硝子工房〉、
東京都墨田区のうすはりグラスなどが人気の〈松徳硝子〉、
大正浪漫硝子が人気の〈廣田硝子〉などがラインナップ。

日本の伝統的なものづくりの知恵と工夫を、
暮らしに取りいれてみてはいかがでしょうか。

information

map

東北スタンダードマーケット

住所:宮城県仙台市青葉区中央1-2-3

TEL:022-797-8852

営業時間:10:00〜21:00

定休日:年中無休

URL:仙台PARCO2

東北STANDARD

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend