colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

今日のおやつ:
今日だけの「氷室饅頭」。
金沢で夏の始まりを告げる、
年に一度のお楽しみ

コロカルニュース

posted:2015.7.1  from:石川県金沢市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

今日のおやつは、石川県金沢市の越山甘清堂さんが作った「氷室饅頭」。
発酵文化の地、金沢の酒饅頭ならではのむちむちとした皮の中に、
上品な甘さで舌触りの良い餡が詰まっている、
おいしいお饅頭です。
金沢以外でも買えるとうれしいのですが、
酒饅頭は外皮が固くなりやすいため、
発送には適さないとのことで残念!

ピンクにはこし餡が。緑と白には粒あん、白みそあんが入っています

上2つが「越山甘清堂」さんの、下の3つが「柴舟小出」さんの氷室饅頭

そもそも、金沢以外の人には馴染みが薄い「氷室饅頭」。
今日、7月1日は、金沢では「氷室の日」と呼ばれているのですが、
これは江戸時代、加賀藩前田家が旧暦6月1日に、
氷室の雪氷を幕府に献上していたことが由来。
五代藩主前田綱紀公の頃、この日に麦饅頭を食べて無病息災を祈るという
習わしが始まったと言われています。
その伝統がいまも脈々と受け継がれていて、
金沢じゅうの和菓子屋さんでは、今日のためにたくさんの「氷室饅頭」を作り、
店頭では多くのお客様が買って行かれるのだそう。
そういう文化が残っているってステキですね。

新宿・高島屋さんでの販売の様子

この氷室饅頭、高島屋さんが金沢以外でも特別販売を行っています。
今年は金沢新幹線で運んできたのだそう。
季節を感じるすてきな文化、
来年は金沢に行って味わってみたくなりました。

Feature  これまでの注目&特集記事