colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

今日のおやつ:新潟の夏の味
「もも太郎」「金太郎」。
セイヒョーのガリガリかき氷バー

コロカルニュース

posted:2014.8.21  from:新潟県新潟市  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

残暑厳しい日本列島。
今日のおやつは、新潟の夏の風物詩として、
60年以上にわたって愛される、セイヒョーさんの
アイスバー「もも太郎」「金太郎」です。

まず、鮮やかなピンクの「もも太郎」はいちご味。
昭和20年代のお祭りの露天から始まった、歴史あるアイスバー。
カップに入って売られているかき氷をバーのかたちに固めたような、
ザクザクとした歯ごたえが特徴。
甘くさっぱりとしたアイスバーで、何本でも食べたくなってしまいます。
佐渡の水を使った重さ135kgの大きな角氷を
ガリガリと削って作られているので、氷の締り具合が良く、
そのためかじった時の歯ごたえも格別なんです。

鮮やかなピンクは植物由来の色素。いちご味はりんご果汁によるもの。

こちらはあずき味の「金太郎」。

そしてこちらは、もも太郎の姉妹品「金太郎」。
こちらは和のイメージであずき味。
金太郎の「金」は、金時の「金」なんだとか。
ザクザクとした氷に、あずきの柔らかい甘さが広がって、
ご年配の方にも喜ばれそうな和のおやつです。

実はこの他にも、柿味の「うらしま亀太郎」もありましたが
現在は発売休止中。
「もも太郎」は50本入り2,500円、
「金太郎」は48本入りで2,400円と、
お求めやすい価格で通信販売可能です。

セイヒョー Webショップ

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店