colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

鈴木康広さんが北海道で初個展を開催。
札幌の雪から着想を得た最新作も

コロカルニュース

posted:2019.8.14  from:北海道札幌市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

鈴木康広『空気の人』モエレ沼公園 2019

代表作から最新作まで約20点が登場

くすっと笑えるユーモアの中に
ものの見方や世界のとらえ方まで転換させてくれるような
細やかでかけがえのない気づきをもたらしてくれる作風で、
国内外問わず活躍の幅を広げるアーティストの鈴木康広さん。

8月17日(土)より、北海道・札幌で
個展『鈴木康広 雪の消息 / 残像の庭』が開催されます。

鈴木康広『氷の人』2019

鈴木康広『氷の人』2019

次のページ

Page 2

北海道での個展は初となる今回。
2006年に鈴木さんが初めて訪れた札幌の雪の印象を
手掛かりにした最新作『氷の人』をはじめ、
本展にあわせてスケールアップした『りんごの天体観測』
を含む約20点が展示されます。

8月17日(土)と9月16日(月・祝)には
アーティストトークも開催されるそう。

その土地や自然現象を独自の感性で昇華し、
わたしたちに新たな発見を多数もたらしてくれる鈴木作品。

今回はじめて札幌で個展を開催されるということで、
最新作はもちろんのこと、それぞれの作品がどういった理由で選ばれ、
どのように展示されているかも、とても気になるところです。

展覧会は約1か月間開催。
きっと札幌で見る鈴木作品は、
いつもと異なる光を放っているのではないでしょうか。
お近くへお越しの際は、ぜひとも足を運んでみてください。

information

map

鈴木康広『雪の消息 / 残像の庭』

日時:2019年8月17日(土)~ 9月16日(月・祝)

※無料エリアのみのプレオープン 8月11日(日)~16日(金)/8月14日(水)休館

時間:10:00~19:00(最終入場は18:30まで)

会場:札幌文化芸術交流センター SCARTS 北海道札幌市中央区北1条西1丁目

無料エリア SCARTSモール(1-2階)

有料エリア SCARTSコート(1階)、SCARTSスタジオ(2階)

料金:一般 500(400)円、高校・大学生 250(200)円、中学生以下無料、65歳以上 400(320)円(年齢の分かるものをお持ちください。)

※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は、当日窓口でご提示いただくと、ご本人と付き添いの方1名が無料になります。

※( )内は10名以上の団体料金です。

※リピーター割引:2回目にご来場の方は団体料金でご覧いただけます。チケット半券をご提示ください。

TEL:011-271-1955

Web:https://www.sapporo-community-plaza.jp/

アーティストトーク

出演:鈴木康広

日時:① 2019年8月17日(土)16:00~17:00

   ② 2019年9月16日(月・祝)14:00~15:00

会場:札幌市図書・情報館 1階

料金:無料

SCARTSアートコミュニケーター*による鑑賞プログラム

日時:2019年9月14日(土)

※詳細はSCARTSのウェブサイトで発信。

*SCARTSアートコミュニケーターは、札幌市民交流プラザを拠点に「市民とアートのつなぎ手」として主体的に活動しています。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend