colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

移住イベント
〈「私と三浦」関わり方のレシピ〉
を開催。神奈川県三浦市を知って、
お試し移住へトライ

コロカルニュース

posted:2019.6.12  from:神奈川県三浦市  genre:暮らしと移住

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Saki Ikuta

生田早紀

いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

〈三浦トライアルステイ〉に先駆けてプレイベントを開催

6月15日(土)に、神奈川県三浦市などが主催する
移住イベント〈「私と三浦」関わり方のレシピ〉が開催されます!

「自然が豊かな場所で子どもを育てたい」
「都心に遠くない場所に拠点を持ちたい」
「生き方や働き方など、自分の理想の暮らしを実現できる場所に住みたい」という人には、
特にオススメのイベントです。

ミネシンゴさん。出版社「アタシ社」代表。美容文藝誌「髪とアタシ」発行人/編集長。2017年11月に生活拠点と事務所を三浦市三崎に移転。三崎の蔵書室「本と屯」店主。イベントの第1部で三浦のリアルな住み心地を語るゲストのひとり。

ミネシンゴさん。出版社「アタシ社」代表。美容文藝誌「髪とアタシ」発行人/編集長。2017年11月に生活拠点と事務所を三浦市三崎に移転。三崎の蔵書室「本と屯」店主。イベントの第1部で三浦のリアルな住み心地を語るゲストのひとり。

馬場未織さん。建築ライター。2007年より「平日は東京、週末は南房総の里山で暮らす」二地域居住を実践、2011年NPO法人南房総リパブリック設立。イベントの第2部で二拠点生活の心得や、関係人口から見た三浦の魅力を紹介。

馬場未織さん。建築ライター。2007年より「平日は東京、週末は南房総の里山で暮らす」二地域居住を実践、2011年NPO法人南房総リパブリック設立。イベントの第2部で二拠点生活の心得や、関係人口から見た三浦の魅力を紹介。

当日は、「関係人口」「移住者」の切り口でゲストを招きトークショーを実施。
それぞれの視点から見えるリアルな三浦を知ることができます。

國光博敏さん。オテルドゥミクニで修業し数々のお店で研鑽を積む。「身体はすべて食べたものから出来ている」として真摯に調理を行う。三浦市の小網代で定期的にイベントを開催。

國光博敏さん。〈オテルドゥミクニ〉で修業し数々のお店で研鑽を積む。「身体はすべて食べたものから出来ている」として真摯に調理を行う。三浦市の小網代で定期的にイベントを開催。

加えて、「三浦Food」を食べられる交流会も開催。
自身も三浦の関係人口であるフレンチシェフ・國光博敏さんが
「三浦Food」3品を振舞います。
絶品のお料理に舌鼓を打ちながら、三浦に関わる人々とのつながりがつくれます。

次のページ

Page 2

神奈川県三浦市の魅力

三方を海に囲まれた神奈川県三浦市は、品川駅から約70分、
「東京から最も近いマリンリゾート」として年間600万人もの観光客が訪れるまちです。
「三崎のまぐろ」などの海産物や「三浦のだいこん」などの農産物も有名で、
おいしいものとの距離が近いのもうれしいところ。

近年では、都心から1時間程度の好立地ながら
海や山などの自然が豊かで暮らしやすいとあって、
理想の移住先として注目を集めています。

三浦市初声町下宮田の「三崎口駅戸建」。

三浦市初声町下宮田の「三崎口駅戸建」。

そんな三浦市で4年前から行われてきたのが〈三浦トライアルステイ〉。
三浦市への移住を検討している人が、
空き家などに短期間お試しで居住できる制度です。
これまでの4年間で235世帯から応募があり、そのうち88世帯が参加しました。

三浦市三崎の「澤田痴陶人美術館4階」。

三浦市三崎の「澤田痴陶人美術館4階」。

今年は第1期(7/19〜8/5)から第5期(12/6〜翌年1/6)まで、
それぞれの体験期間は約3週間〜1か月です。
参加にあたっては事務手数料(第1〜2期:40,000円、第3〜5期:30,000円)と
参加保証料(20,000円 ※退去時に返金)、
火災保険料(1年分の15,000円 ※退去時に、日割計算で保険会社から返金)が必要です。

今回開催される〈「私と三浦」関わり方のレシピ〉は、
〈三浦トライアルステイ〉のプレイベント。
三浦へ興味のある人に対して暮らしの実態や情報を伝え、
現地に住まう人とのつながりをつくってもらうことが目的です。

三浦への第1歩はイベントへ、
2歩目ではぜひ〈トライアルステイ〉に参加してみてください。

information

map

「私と三浦」関わり方のレシピ

日時:6月15日(土)11:30〜15:00

会場:東京都千代田区神田錦町3-15 錦町ブンカイサン1-2F

参加費用:①1,000円(フレンチシェフがつくる三浦Food付き)/定員40名 ②500円(動画視聴チケット代・動画のみ提供)/定員なし

申込:「私と三浦」関わり方のレシピ

主催:三浦市、シー・エフ・ネッツ

企画・運営:YADOKARI株式会社

後援:風土はFoodから

三浦市トライアルステイ詳細:見トライアルステイ

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend