colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

みんなが移住してくる
小豆島の魅力ってなんだろう?

小豆島日記
vol.154

posted:2016.8.2  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

credit

撮影:小豆島カメラ

小さな島にぎゅっとつまった、いろいろな暮らし

「小豆島の魅力って何だと思いますか?」
そんなことを聞かれることがよくあります。

海や山などの自然がすぐそばにあること?
離島であること? 温暖な気候?

聞かれるたびにいろいろ考えて、
その時々によって答えが違ってしまったりするのですが、
最近は「多様性」なんじゃないかなと思っています。

小豆島は瀬戸内海で2番目に広い島で、
島のいろんな場所を巡るには車がないとしんどい広さです。
でも日本地図で見たらとても小っちゃいし、時々島外に遊びに行って、
広大な海、一面に広がる田畑、ずっと奥まで続く山々を見ると、
やっぱり小さい島で暮らしてるんだなと思います。

そんな小さな島ですが、ここにはほんとにいろんな暮らし、
人々、風景がぎゅっとつまっています。驚くくらい。

いわゆる都会(オフィスビルや百貨店が建ち並んでいるような)に比べたら、
小豆島は基本的には田舎です。
30階建てみたいなビルは建ってないし、電車も走ってません。
あと外食チェーン店もほぼありません(ファミレスが一店舗!)。
あるのは、小規模なショッピングセンターや家電量販店、ホームセンターなど。
あとコンビニも何店舗かあります。

島全体的にはそんな感じなのですが、エリアごとに見ていくと
雰囲気や暮らし方はさまざま。
役場やお店が集まっている「マチ」なエリア。
そこから10分も走れば山間の農村があります。
島の北側には小さな港がある漁村があります。
醤油蔵や佃煮工場が建ち並ぶエリアも。

田んぼが広がる、肥土山・中山周辺。

島の北西、四海・沖ノ島周辺。小さな漁船が毎日行き来しています。

草壁港・坂手港周辺には醤油蔵が建ち並んでいます。

そう、いろんな場所があって、それぞれがすぐ近くにあること。
それこそが小豆島の魅力なんじゃないかと思います。

だからこそいろんな暮らし方が可能で、移住してくる人たちもさまざまです。
自給自足的な暮らしをする人もいれば、
会社勤めをして稼いだお金で必要なものを買って暮らしてる人もいる。
アパートで暮らしてる人もいれば、
古い一軒家を借りて自分で直して暮らしてる人もいる。

島にUターンして、放牧養豚をされている鈴木さん。

島では大規模な農業をしている人は少ないですが、小さな畑を営んでいる人がいっぱいいます。

島外から引っ越してきて、島のパン屋さん〈森國ベーカリー〉で働いているかんちゃん。

そのいろんな暮らしが、ひとつの狭い島の中に集まってる。
自分とは似てない人たちと出会う機会も多く、
小豆島に来てからは友人の幅が広がりました(笑)。
ほんとにいろんなことをしてる人たちがいます。だからおもしろい!

次のページ
そんな魅力を伝える写真展を開催!

Page 2

そんな島の魅力を伝えられたらと、
この夏『小豆島カメラ写真展2016』を企画しました。
島を雰囲気の違う9つのエリアに分けて、写真をセレクト、展示しています。
あらためて島の多様さを感じます。

各エリアの雰囲気を伝える写真をセレクト。

島の入口となる土庄港の観光センター内で展示。島に来たらまず立ち寄ってもらえたらいいなと。

各エリアの紹介ボードも。ここ行ってみたいな~って思ってもらえたらうれしいです。

今回の展示のために、イラストレーターのCHO-CHANに小豆島の地図を描いてもらいました。ぎゅっとつまってます!

『小豆島カメラ写真展2016 summer』は、7月28日(木)~9月4日(日)まで土庄港観光センター内で開催しています。

瀬戸内国際芸術祭の夏会期も始まり、いま島はとても賑やかです。
アートを楽しむのとあわせて、島のいろんな雰囲気も味わってみてください。

information

map

小豆島カメラ写真展2016 summer

会期:2016年7月28日(木)〜9月4日(日)

会場:土庄港観光センター内(香川県小豆郡土庄町甲6194-10)

information


map

HOMEMAKERS 

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1

営業時間:金曜、土曜のみ 11:00~17:00(L.O. 16:00)

http://homemakers.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ