colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

今日のおやつ:
熊本県民のソウルフード
〈蜂楽饅頭〉
あなたは白派?黒派?

コロカルニュース

posted:2016.8.5  from:熊本県熊本市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Hiromi Kajiyama

梶山ひろみ

かじやま・ひろみ●熊本県出身。ウェブや雑誌のほか、『しごととわたし』や家族と一年誌『家族』での編集・執筆も。お気に入りの熊本土産は〈808 COFFEE STOP〉のコーヒー豆、〈Ange Michiko〉のクッキー、大小さまざまな木葉猿。阿蘇ロックも気になる日々。

Photographer

Ryosuke Iwamoto

岩本良介

いわもと・りょうすけ●神奈川県秦野市出身。2010年より写真家・鈴木陽介氏のアシスタントとなり、2013年独立。雑誌やWeb媒体などで活動中。
地元の秦野市は、日本で初めて落花生栽培が始まった土地で、老舗の落花生商店がいくつもあるので、いつか取材で訪れたいなぁとひそかに思っています。ryosukeiwamoto.com

熊本市中央区にある繁華街、〈上通(かみとおり)〉。
個人店からチェーン店まで、さまざまなお店が並ぶこの通りは、
平日・休日問わず、老若男女が行き交うにぎやかな場所です。

そんな熊本のメインストリートで、
1956年(昭和31年)のオープンから愛されてきたおやつがあります。

その名は〈蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう)〉。

写真を見てもおわかりのとおり、
いわゆる〈今川焼き〉と呼ばれている形状の饅頭ですが、
特徴は、生地にたっぷりと国産純粋蜂蜜を使用し、
黒あんと白あん(各100円)の2種類があること。

ほどよく塩気がきいた餡と、
もっちりとしつつも香ばしい皮がマッチして、
クセになるおいしさです。

〈蜂楽饅頭〉は、熊本本店がオープンする1年前の1955年(昭和30年)に水俣市で創業。
初代社長が養蜂業を営んでいたため、
「何か蜂蜜を使った商品を」と考えた末に生まれたのだそう。
現在では、熊本のほか、福岡、宮崎、鹿児島にもその輪が広がっています。

創業時から続く素材と製法へのこだわりがおいしさの秘密。
餡子の材料となる小豆と大手亡豆は、北海道の十勝平野で育ったものを厳選し、
餡子作りの時間を短縮するために用いる増粘材や
日持ちさせるための保存料などは一切使っていません。

そして、もうひとつ。
饅頭とならんで、たくさんのファンをもつのが夏季限定のかき氷。

次のページ
夏季限定で味わえるコバルトアイスとは?

Page 2

かき氷を食べられるのは、5月中旬頃〜10月の第2月曜日(体育の日)頃まで。

レジで食券を受け取って、奥のイートインスぺースへ。

一番人気は目にも涼やかなミルク味の〈コバルトアイス〉。
口にふくむとフワッ、サラッと溶けていく氷に、火照ったからだもひんやり。

コバルトアイス 300円(税込)

宇治ミルク 400円(税込)

自家製の蜜と抹茶をあわせたシロップが自慢の〈宇治ミルク〉は、
香りがよく、饅頭との相性も抜群!

週末は行列必至の人気店。
午前中の早い時間に足を運ぶのがおすすめです。

information

mapmap

蜂楽饅頭 熊本本店

住所:熊本県熊本市中央区上通町5-4

TEL:096-352-0380

営業時間:10:00〜19:00(イートインは〜18:30)※売り切れ次第閉店

定休日:火曜

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend