colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

600もの島がある長崎県。
「長崎新聞」の配達ルートを
データと映像で表現した
「The Way」

コロカルニュース

posted:2015.9.14  from:長崎県長崎市  genre:暮らしと移住 / ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

長崎県には、なんと約600もの島があります。
そんな島づくしの長崎では、どうやって各家庭に
新聞を配達しているのでしょうか、、、?

このたび公開されたプロジェクト「The Way」は、
そんな長崎県の「長崎新聞」がどうやって県内各地に
配達されていくかをデータで明らかにしたもの。
総勢2,285名にのぼる長崎新聞配達員にGPS受信機を配布。
印刷センターで印刷された新聞が、
県内各地の配達店に配送され、そこから個人のお宅に配達されていくさまを、
MAPを自由に閲覧できる「プロジェクト特設サイト」と、
「ドキュメンタリームービー」で表現しました。
総販売センター数148店、GPS使用台数150台、
そしてデータ計測期間40日を費やした、
データのアニメーションと美しい映像によるムービーは必見です!

ドキュメンタリームービーの撮影は、
海外からも注目を集める映像作家、永川優樹。
長崎新聞配達員の日々の営みに密着した、臨場感あふれる映像です。

次のページ
データで表現したWebサイト

Page 2

そしてWebサイト「The Way」は、
配達員2,285人から収集したGPSデータの
位置と時間を光の点として視覚化したもの。
その総数は約26万データ!
配達ルートの広がりを時間軸に沿って再生できる
タイムスライダーを設け、紙面印刷から各家庭に届くまでの
配達の軌跡を実感できます。
ぜひ一度お試しください!

長崎新聞「The Way」

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ