colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

札幌・センチュリーロイヤルホテルで「日本三大七味が合う」ビュッフェ開催中

コロカルニュース

posted:2015.1.6  from:北海道札幌市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Maruko Kozakai

小堺丸子

こざかい・まるこ●東京都出身。
読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

お蕎麦にうどんに鍋ものに、と大活躍の七味唐辛子。
赤唐辛子・山椒・陳皮・黒胡麻・麻の実・けしの実など
どれも風邪にきく香辛料で作られており、
寒くなってきたこの時期には積極的にとりたい薬味です。

その七味の三大老舗・有名店といえば
1625年創業の東京浅草寺「やげん堀」、
1655年創業の京都清水寺「七味屋本舗」
そして1720年創業の長野善光寺「八幡屋礒五郎」。
同じ七味唐辛子でも、
地域の食文化によって入っているものが微妙に違っています。

比べると色も違いますね

日本で一番古いレシピをもつ浅草「やげん堀」は
濃口醤油にあうように生唐辛子と焙煎唐辛子の2種類が入った辛めの配合。
京都「七味屋本舗」は薄口醤油の風味を大事に
山椒と青のりが入っています。
また、長野「八幡屋礒五郎」は辛口醤油にあうように生姜が配合され、
フレッシュな風味が特徴です。

札幌にあるセンチュリーロイヤルホテルではただいま、
この特徴的な三大七味にぴったりな料理をテーマにランチビュッフェを開催中。
こだわり豆腐のステーキ 、真鱈のチーズ焼き 、
4種の豆のペペロンチーノ、北斗市 寒締めキャベツのジェノベーゼ、
蟹味噌入りバーニャカウダソースなど
冬に食べたくなるあったかメニューをベースに
シェフが特別に考案した料理他全60品がいただけます。

昭和48年に開業のセンチュリーロイヤルホテル。2014年「朝食の美味しいホテル」北海道大会でみごと優勝したホテルでもあります。

「野菜のかき氷」などの特別メニューを提供したり、高知県とコラボしたビュッフェなど色々と挑戦しています。

個性ある七味でぜひ食べ比べてみてください!

≪日本三大七味に合う料理を提供するランチビュッフェの開催概要≫
■開催期間:2015年1月31日(土)まで
■開催店舗:2階 ユーヨーテラス サッポロ
■プラン名:1月のランチビュッフェ
■ご利用時間:11:30~15:00(ラストオーダー)
■価格:大人 1名様 1,945円(税込2,100円)、4歳~小学生以下 973円(税込 1,050円)
【プレミアムドリンク】
ビュッフェ料金+310円(税込)で、野菜ドリンク、フルーツ酢等のヘルシーソ フトドリンクが
飲み放題でご利用いただけます(90分単位)。※ドリンクの内容は不定期に変更。
さらに210円(税込)を追加するとワイン(赤・白)が飲み放題となります。
■ご予約・お問い合わせ先:011-221-3006(ユーヨーテラス サッポロ直通)

センチュリーロイヤルホテル・ランチビュッフェ

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ