colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

群馬県北軽井沢〈TAKIVIVA〉
本音で語り合うための
大人の合宿場がオープン!

コロカルニュース

posted:2020.10.2  from:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

焚き火から本質的なコミュニケーションを

「焚き火」をテーマにした合宿施設〈TAKIVIVA(タキビバ)〉が、
この秋、群馬県北軽井沢にオープンしました。

ここは、企業をはじめとした集団が、
コミュニケーションを深め、プロジェクトを遂行するための、
火に集う場(宿泊型ミーティング施設)です。

焚き火に薪をくべている様子

さまざまな火を据えたオープンエアな空間で話し合いができ、
合宿当日はもちろん、合宿の前後を含めたプロセス設計から、
アドバイスやサポートが組み込まれ、
有意義な時間が過ごせるようになっています。

Page 2

人と人とを結びつける火のある施設

それではここで、〈TAKIVIVA〉の特徴的な各施設をご紹介。

合宿場なので、施設が用意した食材を参加者が料理するシステム。
〈炊火食房〉という名のスペースには、かまどや囲炉裏があり、
30~80人が料理や食事をすることができます。

〈炎舞台〉には、直径9メートルの〈ファイヤーピット〉や
丸太を燃やす〈スウェーデントーチ〉が。

焚き火を囲んでの会話は、普段と違ったものに。

焚き火を囲んでの会話は、普段と違ったものに。

また、屋内以外の敷地内では、どこでも焚き火を楽しめます。
キャンプの定番である焼きマシュマロや火熾しのゲームも行え、
仲間との距離をぐっと縮められることでしょう。

浅間高原に点在する火山の避難施設に見立て、
〈SHELTER〉と名付けられた場所が宿泊施設となっており、
天井が低くこじんまりとしたシングルルーム〈ReGo〉で、
ひとり静かに1日の疲れを癒すことができます。

焚き火を囲む新しいビジネス合宿施設「TAKIVIVA(タキビバ)」のロゴプレート

詳しいシステムやメニューについてはサイトに記載があるので、
気になる方はぜひチェックを。

こうこうと燃える炎を見ていると、
なんだかリラックスできたり、思考がクリアになったり。
焚き火にはそんな、癒しやエネルギーをもたらす力があるように思います。

リモートワークが定番化し、コミュニケーションが希薄になりそうなこれから。
仲間と共通の認知を高め、プロジェクトの精度を上げたい方は、
今こそ利用すべき施設なのではないでしょうか。

information

map

TAKIVIVA

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-5647

営業時間:9:00~17:00

定休日:不定休

TEL:0279-82-5445

Web:https://takiviva.net/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ