colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈雪まろにんじんジュース〉
脱サラ兄弟が奮闘7年、
月山高原にんじん使用の
人参ジュースが登場!

コロカルニュース

posted:2018.11.21  from:山形県鶴岡市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

山形県鶴岡市発! 
脱サラ&東京からUターンした“高田兄弟”がつくる、
雪室にんじん(雪に埋もれた人参)を使ったジュース
〈月山高原育ちの雪まろにんじんジュース〉が数量限定で販売されます。

月山高原にんじん

月山高原にんじん

雪まろにんじんジュース

雪まろにんじんジュース

雪室にんじんとは、高田兄弟が作った臭みのない甘くてまろやかな
〈月山高原にんじん〉を、積雪2メートルの山形・月山高原に作られた
大規模な雪室施設で寝かせたもの。

そんな人参を使った〈雪まろにんじんジュース〉は、
人参嫌いでもするすると飲めてしまう、濃い味わいのジュースです。
11月中旬頃から雪が降り始めるので、販売は2018年12月10日(月)からになります。

庄内平野

庄内平野

月山高原にんじんの畑

次のページ
脱サラ・Uターンの高田兄弟

Page 2

高田兄弟

高田兄弟が人参を収穫する様子

高田兄弟

高田兄弟の名前は兄・庄平、弟・耕作。もともとふたりは山形から上京し、
兄はIT会社で働き、弟は大学で学んでいました。

そんなふたりが鶴岡の羽黒山の麓にある故郷にUターンし、
農業を始めたのは7年前のこと。それは、彼らが
「自分らしく生きるためのライフスタイル」について考え、
話し合った結果のことでした。

サラリーマンの家庭で育ったため、農業の経験が全くなかったふたりですが、
山形県の新規就農者制度を利用して、
給付金で農業の元手をつくりながら頑張ってきたんです。
その結果、現在ではふたりが作る人参は評判を呼び、
地元の生協、スーパーでも人気商品になりました。

そんな彼らが次なる挑戦として作り上げた〈雪まろにんじんジュース〉。
お試しセットの3,800円(1000ml×2本、税別・送料無料)で販売します。
予約は、販売サイトにて。

information

雪まろにんじんジュース

価格:3,800円(※お試しセット 税別・送料無料)

販売開始日:2018年12月10日(月)

Web:雪まろにんじんジュース販売サイト

Tags  この記事のタグ

Recommend