colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

狂言ストリートライブも!名古屋が丸ごと舞台になる名古屋文化の祭典「やっとかめ文化祭」

コロカルニュース

posted:2014.9.24  from:愛知県名古屋市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

2014年10月31日(金)~11月24日(月)の25日間にわたり、
秋の名古屋を舞台に、名古屋文化の祭典「やっとかめ文化祭」が
開催されます!「やっとかめ」とは、名古屋弁で「おひさしぶり」という意味。
名古屋の歴史・文化の魅力を一堂に集めた、都市文化の祭典です。

イベントでは、名古屋市内一円を会場に、全国初となる「狂言」の
ストリートライブをはじめ、多彩な伝統芸能の公演や、体験講座・ワークショップ、
まち歩きなど、130を超える手作りプログラムが行われます。
名古屋は尾張徳川家のもと、武家階級だけでなく町人までが
芸を嗜み、文化を育んできた土地。
名古屋のエンターテインメント魂の本領発揮です。

こちらは狂言のストリートライブ「辻狂言」。

舞台公演より。能「国栖」

名妓連組合

古代から近代まで、伝統芸能から食文化まで、歴史・文化に楽しく触れられる体験プログラム「まちなか寺子屋」

商店街など14会場で行われる「芸どころ まちなか披露」は、
名古屋ゆかりの、日本の女優第1号といわれる川上貞奴にちなんだ
路上芝居「痛快!川上貞奴一座」、
尾張藩の御用鍔師の家系の金工師、長谷川竹次郎氏による
まちなかでの茶会「街茶 MACHI-CHA」のほか、
箏曲・長唄・正調名古屋甚句などを開催。

また「芸どころ 名古屋舞台」では、
「ろうそく能」や「Rokurobyoue版 O-KI-NA ~天下泰平・国土安穏の祈り~」などを披露。
ほか、まちを1番知っている地元のガイドさんに導かれて、
名古屋のまち探検に出かける「歴史まち歩き」なども。

大ボリュームの「やっとかめ文化祭」、ご担当者のおすすめは..
「イチオシの辻狂言のもちろんのこと、
抱腹絶倒間違いなし、古池鱗林の講談や都々逸がオススメです。
寺子屋には、お座敷遊びや名古屋めし、都々逸恋愛ゲームなど珍しいコースが盛りだくさん。
まち歩きでは、ボランティアスタッフの年配の方達が
埋もれてしまいそうな街の歴史・文化の面白さを伝えようと頑張っておられます!」だそう。

開催プログラムや参加方法など、
詳細はWebサイトにて。

「やっとかめ文化祭」
2014年10月31日(金)~11月24日(月・休)

Feature  特集記事&おすすめ記事