colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

納豆や野菜がモチーフの
吉丸睦さんアクセサリー、
茨城県近代美術館の
ミュージアムショップに登場

コロカルニュース

posted:2014.2.17  from:茨城県水戸市  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

茨城県水戸市の「茨城県近代美術館」。
水と緑がゆたかな水戸市千波湖のほとりにある、
吉村順三氏による建築も美しい美術館です。
茨城ゆかりの作家、横山大観・小川芋銭らの
作品などが展示されています。

ミュージアムショップ「みえる」では、美術館スタッフ
おすすめのステーショナリーやちょっと変わったアイテムが
取り揃えられているのがみどころ。

本日は、そのミュージアムショップで販売されている、
ひときわかわいらしいビーズアクセサリをご紹介!
モチーフは野菜、納豆、そしてかつをのお刺身などなど!
「アクセサリーストアCrepe.」の吉丸睦さんによる作品です。
上の画像は、「岡倉天心展」にちなんで、
日本画家の小川芋銭の作品をモチーフに制作された「畑のお化け」。
すっごくかわいいですよね!

こちらが元の絵。

はたしてどんな方がこのアクセサリーを作られているのか?!
作り手の、吉丸睦さんにお話をお伺いしました。

次のページ
吉丸睦さんインタビュー

Page 2

納豆からかつおの刺身まで!

アクセサリーストアCrepe.」を主宰する吉丸睦さん。

ーー活動を始めたきっかけは?

「2006年にオリジナルアクセサリーストアとしてネットショップをオープンし、
2011年から、現在のようなビーズを使用したアクセサリーになりました。
最初は趣味でアクセサリー制作をして周りの友人に配っていました。

それと同時期にHP制作の練習用に作品をネットにUPし始め、
しばらくしてページを見た知らない方々から
アクセサリーの発注を頂くようになり、のらりくらりと今に至ります」

茨城名物!納豆のブローチ。

かつおの刺身のブローチ。

ーー納豆からお寿司、お刺身などユニークなものばかりですが、
モチーフになるインスピレーションはどこから?

「ウォーキング中や電車で移動中の時にふとひらめいたり、
古い料理本や図鑑を見て、これが胸元なり耳元なり
髪の毛に付いていたら面白いかなぁと思った時にメモをして
寝かせおいて忘れた頃に再度見て、制作したい気持ちに変化がなければ」

ーーここを見て欲しい、というおすすめポイントは?

「ひと針ひと針ビーズに糸を通し布に刺して制作しているので
『遠くで見るとギラギラ光ってキレイだけど近くで
見ると実はこんなに細かい集合体だったの!』というギャップ。
パッと見て分かるモチーフもありますが、
何か分からないものもあるので『実はコレはアレなのよフフフ……』と
心の中でニヤニヤしながら付けて頂ければ幸いです」

鳥の巣2種。左/都会の空き家(カラスの巣)、右/「母さん狩り中」(トラツグミの巣)

吉丸睦さんの作品は、茨城県近代美術館ミュージアムショップみえるのほか、
ネットショップや下記店舗にて購入可能となっています。
そのほか、西荻窪URESICAオープン記念展第二弾 
「ブローチちゃんとバッジくんと仲間達パーティへ行く」にも参加されるそうです!
詳しくはアクセサリーストアCrepe.のwebサイトにて。

アクセサリーストアCrepe.

吉祥寺にじ画廊

ブックギャラリーポポタム

・不定期のイベント「PHYSICAL TEMPO」

西荻窪URESICA

Feature  特集記事&おすすめ記事