colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

47都道府県のワーストを
アプリで解決(したい)!
第2回:青森

面白法人カヤックの
「全国ワーストバスターズ!」
vol.002

posted:2012.9.21  from:青森県  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 この連載・企画は… 〉  北海道から沖縄まで日本列島を縦断しながら、
47都道府県のワーストをスマートフォンアプリで楽しく解決!
いっしょにアプリつくりたいという人は、ワーストバスターズ事務局までご連絡をどうぞ。

profile

Worst Busters

ワーストバスターズ

面白法人カヤックと株式会社1192による共同プロジェクト。「日本全国のワーストをアプリで改善して、ハッピー&ピースフルな日本にすること!」をミッションに2012年夏より活動中。
worst.kayac.com

credit

イラスト:barimi テキスト:HasegawaTetsuji

第2回:「日本一しょっぱいリンゴ県、青森」

コロカル読者のみなさん、こんにちは。ワーストバスターズです。
ついにiPhone5が、Appleから出ましたね。
Appleといえば、リンゴ。リンゴといえば、青森です。

インターネットで独自調査したのですが、
どうやら、日本のリンゴの半分以上が青森県で生まれているそうです。
香川県がうどん県なら、青森県はリンゴ県かもしれませんね。

そんな青森県は、なんと平均寿命がワースト。
これに対し、ワーストバスターズが、長生きできる健康アプリを提案しても、
短命にして亡くなられた青森県の先輩たちは喜ばないはず。

人生は、どれだけ生きたかより、どう生きたが大事なんだ。

ニーチェはこんなこと言っておりませんが、
兄ちゃんは確かに、こんなことを言っていました。
考えてみれば、現状の実年齢は、モノサシのひとつにすぎません。
べつに平均寿命を、精神年齢でカウントしたっていいはず。
そうだ。精神年齢を上げるには、本を読めばいいんだ。
青森県は、読書をしない県ワーストでもあるし、一石二鳥だ。

読書を促すアプリ「DASAI」

本読まないやつは、ダサい。

青森のスター太宰治は、自分の本の帯につけるキャッチコピーを
自ら考えていたくらいなので、きっとそう思っていたはずです。

読書を促すアプリ「DASAI」の基本機能は、読んだ本を記録していくことです。
そして、読んだ本を入力しない日々がつづくと、
いきなり太宰さんに叱られます。「人間失格!」と。

塩分を摂取した気分を味わえる「エアソルト」

平均寿命との関わりがどれだけあるかは不明ですが、
青森県は、食塩消費量が日本一です。

そんな青森県民のためのスマホアプリ「エアソルト」。
ダウンロードした瞬間、あなたのスマホは、
赤いキャップでおなじみの食卓塩にチェンジ。
ふつうに生活しているだけで、塩を振る音が流れてきます。

カラオケで、マラカスのように振るのにも使えます。
青森市出身の矢野顕子さんや泉谷しげるさんの曲や、
石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」に、
シャカシャカ♪とトッピングを加えましょう。

塩のサウンドをずっと聴いていれば、それだけで心の塩分欲
みたいなものが満たされ、食事の時にかける塩の量が減るかもしれません。

未来の横綱を育てる「どすこいMAX」

男女ともに小中学生の肥満率ワーストの青森県。
いや、これを「ワースト」と呼ぶのはおかしいかもしれません。
トンガという国では、ふくよかな女性がモテるそうですし、
日本でも平安時代は、ふくよかな女性がモテました。

そして青森は、歴代幕内力士を最も輩出している県なのです。
このまま、ふくよかブームを突っ走れ、メロス。
「どすこいMAX」があれば、スマホで撮った写真を、力士風に加工できます。
自分のこどもや親戚のこどもの写真をカッコイイ力士にすれば、
青森県が、いまよりすごい、どすこい県になるでしょう。

ほかにも、こんなワーストを、こんなアプリで解決!

スポーツしないワーストを解決するアプリ「JUST DOYA!」
ランナーが1位でゴールする瞬間や、バスケでスリーポイントシュートを決めた瞬間などに、
アスリートが自然にやってしまうドヤ顔を集めた、ドヤ顔プラットフォームです。
きもちよさそうなドヤ顔を見ているうちに、
県民みんなが、スポーツをやりはじめるでしょう。

女子の体重ワーストを解決する、
リンゴダイエットアプリ「iRinGo!」
「リンゴがボクの耳たぶくらいの柔らかさになったら~」
と、青森出身の松山ケンイチさんが二枚目キャラで
リンゴを使った料理のレシピを声で教えてくれます。

次回は、広島県!

次回は、ニッポン民俗学研究所のみうらじゅん先生に
感謝状をあげたことでも知られる、
頭はもみじ饅頭、体は牡蠣、両手をひろしまの「ひ」の字に広げる
ゆるキャラ「ブンカッキー」のいる広島県です。

北海道、青森と来て、つぎは秋田あたりじゃないかと思わせといて、いきなり広島です。
上の連載の説明で『北海道から沖縄まで日本列島を縦断しながら……』
と書いてあるような気もしますが、ワーストバスターズは、
これからもバンバン飛んでいきますので、ついて来てください。

さて、広島といえば、プロ野球12球団で唯一の市民球団である、広島東洋カープです。
ペナントレースは、いつも途中までは調子がいいカープ。
選手がいい感じに育つと、他球団に持っていかれちゃうカープ。
あぁやっぱり、プロ野球の世界でも、おしい!広島県なのか。

いや、そんなことより、唯一の市民球団がある広島県は、やっぱり市民愛がすごいのです。
カープファンの愛は、広島風お好み焼きのキャベツより多く、ソースより濃い。
ボランティアの参加率だって、日本一なんです。
いま気づきましたが、広島県には「負けん」が含まれています。
よし、どんなワーストにも負けずに、明るくふっ飛ばしていこう。

それでは、また、お会いしましょう。アディオス。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ