colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

「香り」を通じて全国各地の素材や
伝統手工を発信する
〈WANOWA〉のアプローチ

コロカルニュース

posted:2021.9.30  from:東京都  genre:買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Emi Ishida

石田絵美

いしだ・えみ●埼玉県出身。ファッションやカルチャーを軸に、WEB・紙媒体で編集・執筆を行う。旅行では地元のみなさんが集まる食堂や居酒屋を訪ねるのがマイルール。酒とおいしいものをこよなく愛する飲兵衛。

地方産業を「地域×香り」で残す

嗅覚は五感の中で唯一脳に直接信号を送ることができると言われています。
そんな「香り」に着目し、地方産業を守り、発信しているのがプロジェクト〈WANOWA〉。

「香り」を通じて全国各地の素材や伝統手工を発信する〈WANOWA〉

地域の農産物・伝統と香りを組み合わせることで
その魅力を後世に残しながら、持続的なものづくりの一助となっています。

ゆず、ひのき、お茶の香りがラインナップ

現在、〈WANOWA〉では
石川県能美市産の国造ゆず、岐阜県中津川市の加子母ひのき、
京都府相楽郡和束産の宇治茶の主原産地である和束茶を使ったアイテムを展開。
売り上げの2%は、各産地で植樹などの生産支援に当てられているそうです。

香りとともに抽出された肌にうるおいを与える効果が期待できる「チャ葉水」を使用した〈ハンドクリーム〉2200円(税込)。

香りとともに抽出された肌にうるおいを与える効果が期待できる「チャ葉水」を使用した〈ハンドクリーム〉2200円(税込)。

Page 2

生産者と消費者でつくられる〈WANOWA〉の大きな輪。
活動がスタートしてから3年後の2019年には、
売り上げの2%の一部を使用して
石川県能美市で約30年ぶりにゆずの苗木40本の植樹が実現。

〈WANOWA〉では2019年に売上の2%の一部を使用して、石川県能美市でゆずの苗木40本を植樹。

地元の小学生の多くが植樹作業に参加したことからも
子どもたちが地域の伝統を学び、受け継いでいる様子が伺えます。
現在から未来へと続く活動に今後も注目です。

information

WANOWA 

Web:WANOWA

Web:WEB SHOP

*価格はすべて税込です。

Feature  特集記事&おすすめ記事

    コロカル商店

    Tags  この記事のタグ