colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

医療従事者へ感謝を届けたい!
大分の学生が
〈おうち温泉とどけ隊〉を結成
温泉の“癒し”を全国へデリバリー

コロカルニュース

posted:2020.10.23  from:大分県  genre:活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。

別府ならではの支援を学生たちが呼びかけ

世界中で新型コロナウイルスの影響が長く続くなか、
今もなお最前線で奮闘する医療従事者へ「感謝の気持ちを届けたい」と、
大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)の
教員と学生が〈おうち温泉とどけ隊〉を結成しました。

現在、クラウドファンディングを実施中です。

「APU」の名称で親しまれる、創立20周年を迎えた立命館アジア太平洋大学。

「APU」の名称で親しまれる、創立20周年を迎えた立命館アジア太平洋大学。

おうち温泉とどけ隊とは、発起人であるAPUの篠原欣貴准教授と
学生有志6名で結成されたグループ。

自粛期間中にテレビニュースなどで報道される医療従事者の姿を目にし、
「大分からできる支援とは何か、最前線で闘ってくださっている
医療従事者の方々に何かできることはないか?」という想いが
起点となりプロジェクトがスタートしました。

「大分といえば、“温泉”!」

そう、温泉を医療従事者まで直接お届けするというのです。

最前線で活躍する医療従事者へ「感謝」と「癒し」を。

最前線で活躍する医療従事者へ「感謝」と「癒し」を。

そもそも別府は、日本一の温泉湧出量を誇る温泉地。
「温泉の“癒し”をもってすれば、医療従事者の方々も心身ともに
リフレッシュできるのでは」とメンバーは考えました。

温泉が大好きな日本人。
別府温泉の力で日頃の疲れをとってもらえるなら、
こんなにいいことはありませんね。

しかし「医療従事者に温泉を届けたい」という想いだけでは、
何トンもの温泉を県外に届けるのは難しいーー。

そんなときに別府発の〈別府おんせんおみや〉の活動が
プロジェクトを大きく後押ししてくれたといいます。

Page 2

全国の「おうち」へ天然温泉の癒しが届く

あつあつの天然温泉がおうちで楽しめる。浴槽や設備等にほとんど影響のない弱アルカリ性単純泉。(変更の場合もあり)

あつあつの天然温泉がおうちで楽しめる。浴槽や設備等にほとんど影響のない弱アルカリ性単純泉。(変更の場合もあり)

別府おんせんおみや〉とは、
一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォーム 〈B-biz LINK〉が
運営する活動で、これまで47都道府県の個人宅や福祉施設などに
専用トラックで温泉を配達しています。

今回おうち温泉とどけ隊の考えに快く賛同してくれた
別府おんせんおみやの協力のもと、温泉を配達することが決まりました。

温泉地へ足を運べない、別府温泉に入ってみたいという
方にぜひ利用をしていただきたいですね。

徹底した衛生管理のもと、北海道から沖縄まで配達が可能です。
※支援額に応じて地域が限定される場合があります。

温泉を届ける専用トラック。

温泉を届ける専用トラック。

クラウドファンディングの目標額は200万円。
温泉という特殊な配達にはその分費用がかかるということ。

今回の届け先は、医療従事者ご自身や、医療従事者への配達を希望される方であれば、
どなたでも応募することができるので、「うちに届けてほしい」
「知人の医療従事者へ贈りたい」という方はぜひご検討ください。
クラウドファンディング終了の10月25日まで応募を受付中です!

パソコンからの温泉配達の応募フォームはこちら
スマートフォンからはこちら

安全面や配達の詳しい情報は、「温泉提供先募集要項」をご確認ください。

クラウドファンディングで支援をしてくださった方へは、
別府温泉の入浴剤「湯の花」やTシャツ、
ひょうたん温泉の入浴引換券券、ホテル白菊の宿泊補助券など
別府温泉ならではの返礼品をご用意。
学生たちから御礼メッセージも届けられますよ。

篠原准教授(中央)と学生有志による〈おうち温泉とどけ隊〉。

篠原准教授(中央)と学生有志によるおうち温泉とどけ隊。

おうち温泉とどけ隊メンバーのひとりである村上眞生さんは、
「医療従事者の方々は本当に多くの人たちのために最善を尽くして
くださっているので、別府の温泉でリラックスしてほしいです。
自分たちの自己満足にならず、温泉を届けることで日頃の感謝の
気持ちを伝えたいです」と話します。

陰ながら命を支えている、多くの医療従事者の方々へ。
感謝と労いの気持ちを、あたたかい温泉とともに届けてみませんか?

information

おうち温泉とどけ隊

Facebook:https://www.facebook.com/ouchionsentodoketai

Twitter:https://twitter.com/oita_hotspring7?s=21

Instagram:https://www.instagram.com/ouchionsen2020_apu/

クライドファンディングページ:https://camp-fire.jp/projects/view/308762

【温泉提供先募集要項】

応募期間:2020年9月19日〜2020年10月25日

募集対象者:1.医療従事者、2.知人等の医療従事者に温泉配達を希望される方、及び、3.クラウドファンディングで「自宅温泉配達コース」に応募される方です。

募集要項詳細ページ:https://note.com/onsen_todoketai/n/nd80e4d81a0f4

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ