colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈Cul de Sac – JAPON〉
ファッションブランドが始めた、
青森ひばの洗練アイテム

特集・木のある暮らし × コロカルニュース
vol.1559

posted:2016.2.28  from:青森県  genre:ものづくり / 活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  「木のある暮らし Life with Wood」からのニュースです。
日本の木材を活用した新しい商品、ユニークな商品、ヘルシーな商品の情報や、
木に触れる、木の良さを知るイベントやプロジェクトのことなどをキャッチ!

東京・中目黒を拠点に、
国内生産とオリジナルテキスタイルにこだわった
パンツスタイルなどを手がけるブランド〈cul de sac〉。
性別のないスタンダードなリラックスクローズが人気です。

そんな〈cul de sac〉から、このたび
青森ひばプロダクトの新ブランド〈Cul de Sac – JAPON〉が誕生!
廃棄処分される天然青森ヒバの端材を利用した、
たくさんのすてきなアイテムがラインナップしています。

ただいま販売されているのは、
ヒバ精油やキャンドル、ホホバオイルとヒバ精油で作られた〈天然バーム〉、
ヒバ精油、蜜蝋、亜麻仁油で作った〈ヒバワックス〉、
ヒバ精油とひば粉のみでつくった〈フィードディフーザー〉や
ヒバ精油とひば水で作った〈消臭&防虫スプレー〉に、
ヒバを削った〈ヒバチップ〉。

そしてキッチンアイテムも充実していて、〈ヒバしゃもじ〉や〈ヒバくびれ箸〉、
〈ヒバへら〉、〈正方形まな板〉等。
さらに靴用消臭材や枕用消臭・リラックス材などもあるんです。
いずれも、中目黒のショップ〈cul de sac〉で購入することができます。

青森ヒバ籠バッグ 19,800円(税抜)

青森ヒバ篭(かご)/筒型 左から5,800円、8,800円、10,800円(いずれも税抜)

注目は〈青森ヒバ篭〉。
青森ヒバの柾目材を1本ずつ薄くテープ状にしたものを、
職人さんが手作業で編み上げた籠です。
香りも良く、美しい光沢感も自然そのままですてきです。

次のページ
なぜファッションブランドが青森ヒバを?

Page 2

青森ヒバは腐食に強く耐久性に優れた建築用材であるとともに、
含まれるヒノキチオールの成分には抗菌、防虫、消臭、
精神安定などの効果があります。
そうした成分が含まれる木は世界でもまれで、日本では青森ヒバだけなんだそう。

ところで、ファッションブランドがなぜ青森ひばを手がけることに?
その理由は、〈cul de sac〉デザイナーの村口さんの
ご実家が青森県のヒバ屋さんだったことにあります。
そのご実家は、「木のあるくらし」でもご紹介した、
青森ヒバを使ったものづくりにこだわる木工所〈わいどの木〉なんです。
〈わいどの木〉の記事はこちら

「私の祖父の代から材木店をやってまして、
現在父親が後を継ぎ青森ヒバの専門の建材、木工品、
宿泊施設などを行っております。
小さい時からそのような環境で育ち、この青森ヒバをもっと広めたい、
デザインしてみたいと思い〈Cul de Sac-JAPON〉を立ち上げました。
ほとんどの商品は実家の工場で制作し、
手仕事などは地元の職人さんにお願いし制作しています」(村口さん)

青森ヒバのスタイリッシュなアイテムが揃う〈Cul de Sac-JAPON〉、
ご購入は中目黒にあるCul de Sac – JAPON
ショップ兼アトリエにて。

information

map

Cul de Sac

住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒2丁目24−13

TEL:03-6412-8083

Webサイト:Cul de Sac – JAPON

Webサイト:Facebook

Recommend