colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈八戸ブックセンター〉
本でまちを盛り上げる、
注目の市営書店!
カンヅメブースもあり

コロカルニュース

posted:2017.1.18  from:青森県八戸市  genre:活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Riho Abe

阿部里歩

あべ・りほ●栃木県出身。「出身は群馬だっけ?それとも茨城?」と覚えてもらえないことが悩み。好きな観光地は四国と別府。旅先での楽しみは、その街の人と話しをすること・伝統工芸品を買うこと。ガイドブックに載っていないようなものを見つけるのも密かな楽しみ。

本を楽しむ仕掛けが盛りだくさん!
八戸に誕生した注目の書店

青森県八戸市に、
市営の書店〈八戸ブックセンター〉がオープンしました。

実は八戸市は、本にゆかりのあるまち。
小説「忍ぶ川」で芥川賞を受賞し、長きに渡って芥川賞選考委員を
つとめた作家・三浦 哲郎を生んだところ。

そんな八戸市を「本のまち八戸」として育てていくため、
市民にもっと本を好きになって欲しいという想いからオープンした場所なんです。

店内には、自然科学や人文・社会科学、旅の本やアートブック、
洋書まで。各棚のコンセプトやテーマに合わせて、幅広いジャンルの本が置かれています。

〈フェア棚〉

注目は地域のもの・ひと・ことが活かされた〈フェア棚〉。
八戸の産業、文化、風土、自然環境など、さまざまなテーマのもとに編集された棚や、
八戸にゆかりのある人物がセレクトした棚、一般の人が選書した本を「〇〇さんの本棚」と
して展開する〈わたしの本棚〉など、まちとの距離がぎゅっと縮まる仕掛けが充実しています。

コーヒーやビールを購入できるカウンター

気持ちがよくて思わずうとうと……なんてことにならないように?!

読書スペースもユニークで、施設内で購入したコーヒーや
ビールを持ち込むことができ、ソファならぬハンモックの上で本を読めたり、
左右と後方に本が詰まった〈本の塔〉があったりと時間を忘れて本に没頭してしまいそう。

〈本の塔〉

次のページ
未来の芥川賞作家がここから誕生!? 本を書く人まで応援!

Page 2

そして、この施設の目玉の一つと言えるのが、
小説やエッセイ、 詩などを「出版・発表したい」「応募したい」
そんな人を応援するための部屋〈カンヅメブース〉です。

作家がホテルの部屋に幽閉されて原稿を
仕上げることを「カンヅメになる」と言いますが、まさにその名の通り
カンヅメになって執筆に専念するための部屋。

〈カンヅメブース〉長時間の作業でも疲れないようなワークチェアや、Wi-Fiも完備。

〈カンヅメブース〉は、「誰かに読んでもらいたい」という想いが
ある人なら誰でも、施設内のカウンターにて市民作家登録をすることで無料で利用できるそう。

今後はトークイベントやワークショップなども多数開催される予定。
この街から、再び芥川作家が誕生する日も近いかも!?

information

map

八戸ブックセンター

住所:青森県八戸市大字六日町16番地2 Garden Terrace 1階

TEL:0178-20-8368

営業時間:11:00〜20:00

定休日:火曜日(祝日の場合その翌平日)、1月1日および12月29日、30日、31日

Web:公式サイト

Feature  これまでの注目&特集記事