colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

帯広〈平和園〉
地元っ子が普段使いする人気焼肉店で、
ジンギスカンをスパークリング清酒と
一緒に

宝酒造 × colocal
和酒を楽しもうプロジェクト
vol.010(Season3)

posted:2018.11.1  from:北海道帯広市  genre:旅行 / 食・グルメ

sponsored by 宝酒造

〈 この連載・企画は… 〉  「和酒を楽しもうプロジェクト」もいよいよ6年目へ。
今回から舞台をイエノミからソトノミに移し、
“酒場推薦人”の方々が、日本各地の魅力的な「ローカル酒場」をご紹介します。

旅の醍醐味はローカル酒場! 全国おすすめ酒場探訪記
北海道・帯広編
思い出すと食べたくなる故郷の味とは?

きょうは北海道十勝地方の中心都市、帯広市へ。
十勝地方は、北海道を代表する大規模農業&酪農・畜産地帯。
広さは岐阜県とほぼ同じで、“十勝”としての一体感が昔から強く、
いまは“フードバレーとかち”として帯広市から魅力を発信しています。
十勝特産といえばじゃがいも、小麦、小豆、生乳、乳製品、黒毛和牛など。
地域ブランドとしては抜群の知名度を誇り、食料自給率も1200%を超えるそうです。

帯広から郊外に車で向かうと、次々に広大な農場や牧草地が現れます。その境界線を縁取るようなカラマツや白樺の並木は、防風林として開拓初期に植えられたもの。人の営みと自然が調和した美しい景観は、見飽きることがありません。帯広の隣町・音更(おとふけ)町にある十勝牧場・白樺並木は、十勝を象徴する全長1.3キロのビューポイント。数々のドラマや映画のロケ地に使われ、馬や羊の放牧風景が見られる展望台も。“とかち晴れ”と呼ばれるほど、晴天の日が多い帯広・十勝地方は、雄大な大平原という北海道らしさが存分に楽しめるエリアです。

帯広から郊外に車で向かうと、次々に広大な農場や牧草地が現れます。その境界線を縁取るようなカラマツや白樺の並木は、防風林として開拓初期に植えられたもの。人の営みと自然が調和した美しい景観は、見飽きることがありません。帯広の隣町・音更(おとふけ)町にある十勝牧場・白樺並木は、十勝を象徴する全長1.3キロのビューポイント。数々のドラマや映画のロケ地に使われ、馬や羊の放牧風景が見られる展望台も。“とかち晴れ”と呼ばれるほど、晴天の日が多い帯広・十勝地方は、雄大な大平原という北海道らしさが存分に楽しめるエリアです。

今回の案内人は、帯広市のお隣、音更町出身。
現在は都内でPR業を営む村上晴香さんによると、
帯広など十勝の人たちは屋外での焼肉「外焼肉(そとやきにく)」が大好きで、
初夏になるとスーパーにも「外焼肉コーナー」が登場。
晴香さんの家でも網と炭火を用意して、
毎週末のように自宅前で外焼肉を楽しんでいたそうです。

「焼けるものならなんでも網に乗せてみんなで食べる。
ただそれだけですが、野菜も地元の新鮮なものばかり。
真夏でも湿気がないので屋外で過ごすのが本当に快適です。
梅雨がない北海道ならどこでも見かける光景でも、
この外焼肉という言い方は帯広・十勝界隈だけ。
札幌のジンパ(ジンギスカンパーティ)や
東京のBBQのようなオシャレ感がないところが、
焼肉好きな人が多い十勝らしい言葉だとも思います」

外焼肉の主役は味付けマトンの薄切り肉、ジンギスカン。
これを帽子型のジンギスカン鍋ではなく、網でそのまま焼くのが村上家での食べ方です。

この焼肉スタイルのジンギスカンを、
北海道で最初に始めたと言われるのが帯広に本店がある〈平和園〉。
晴香さんの“帰省時に行きたい店リスト”で
不動のトップバッターが、きょうのローカル酒場です。

平和園の外観。

次のページ
ジンギスカンがこの安さで!

Page 2

姉妹の女子トークが弾むジンギスカン

平和園は昭和34年の創業で、
駅前の本店など帯広近郊に6店舗、札幌市内に3店舗を構える、
地元で知らない人はいないという人気焼肉店。
晴香さんは帯広で働く妹・智香さんとの、
久しぶりの平和園での食事をとても楽しみにしていました。
ふたりが待ち合わせをしている緑ヶ丘店も、
110席の広い店内が近所の家族連れでほぼ満席のよう。
繁華街から離れた住宅地なのに、とても平日とは思えない賑わいです。

店内に入ると、応接間のような重厚なロビーにはレンガの暖炉があり、
女性スタッフはヨーロッパの民族衣装風のユニフォーム。
ふたりが案内された掘りごたつの個室は和テイスト。
まるで昭和レトロな別荘かロッジに招かれたような気分です。

「この不思議な和洋ミックスが平和園に来たという感じです。
1軒ずつ雰囲気がそれぞれに違っていて、釣り堀が併設された店舗もあるくらい。
我が家の最寄りの士幌(しほろ)店だともっとファミリー向けのつくりかも。
滑り台がある子ども用の広いプレイルームがあったので、
平和園に行くと親に言われたらうれしかったですね」(晴香さん)

「それで大人になると繁華街にある店舗に飲みに行くように。
飲んで食べても安いんだなと、自分で払うようになって気づきました。
お姉ちゃんも帰省すると真っ先に平和園をリクエストするよね」(智香さん)

「平和園での写真をSNSに投稿する地元の友人が多いので、
それを見ては東京で羨ましがっています(笑)」(晴香さん)

きょうもいつもの感じでいいよねと、
智香さんはジンギスカン定食をふたり分迷わず頼みますが、
最初から白いご飯と一緒に肉を食べるのがふたり共通の焼肉スタイル。
ご飯にはやはりお米から出来たお酒がよく合うということで、
まずは晴香さんがお気に入りのスパークリング清酒で乾杯です。

名物ジンギスカン以外の焼肉メニューも充実。黒毛和牛はすべて地元の十勝和牛、野菜などもほぼ北海道産を提供し、国産牛肉のトレーサビリティも10年前から実施しています。

名物ジンギスカン以外の焼肉メニューも充実。黒毛和牛はすべて地元の十勝和牛、野菜などもほぼ北海道産を提供し、国産牛肉のトレーサビリティも10年前から実施しています。

姉の村上晴香さん(右)と妹の智香さん(左)。ふたりとも帯広市内の高校を卒業後、大学進学で上京。晴香さんはPR会社や公益財団法人に勤務後フリーに。智香さんは卒業後に帯広に戻り薬剤師として病院に勤務。性格が対照的だからケンカにならないという、仲のいい姉妹です。

姉の村上晴香さん(右)と妹の智香さん(左)。ふたりとも帯広市内の高校を卒業後、大学進学で上京。晴香さんはPR会社や公益財団法人に勤務後フリーに。智香さんは卒業後に帯広に戻り薬剤師として病院に勤務。性格が対照的だからケンカにならないという、仲のいい姉妹です。

このジンギスカン定食は1人前560円(税込み)。
これに食べたいものを順次追加していくのが村上家のスタイル。
家族4人で月に2度は平和園に通っていた頃からです。

「この560円は価値がありますね。ランチならこれだけでも十分満足できるし、
友人と飲むときもこの定食から始めればコスパがいい。
周囲でもこの頼み方をする人は多いですよ」(智香さん)

「ウチの母はあまり肉が得意じゃないのに、なぜか平和園のジンギスカンだけは大好物。
母方の祖父母が山形から遊びに来たときも、初めて食べたのにすごく気に入ってくれて、
平和園に毎日行きたいと言われてびっくりしました」(晴香さん)

そこに噂のジンギスカン定食が登場。
さっそく焼き始めると香ばしい匂いが漂い始めました。

ジンギスカン定食(560円)は肉100グラムにライス、味噌汁、漬物、フルーツ付き。写真の肉は2人前。肉だけのオーダーだと350円。ライスは道産米の〈ふっくりんこ〉を使用。

ジンギスカン定食(560円)は肉100グラムにライス、味噌汁、漬物、フルーツ付き。写真の肉は2人前。肉だけのオーダーだと350円。ライスは道産米の〈ふっくりんこ〉を使用。

焦がさないように注意しながら焼きます。

焦がさないように注意しながら焼きます。

晴香さんは半年ぶりの平和園のジンギスカン。思わず顔がほころびます。「帰省すると何でもおいしく感じられます。生産者の方々との距離が近いからでしょうね」

晴香さんは半年ぶりの平和園のジンギスカン。思わず顔がほころびます。「帰省すると何でもおいしく感じられます。生産者の方々との距離が近いからでしょうね」

白いご飯とジンギスカン。大好きな組み合わせに智香さんもにっこり。北海道と帯広が大好きな智香さん。平和園のジンギスカンをいつでも食べられるいまの環境に満足しているそうです。「私が戻った頃からファーマーズマーケットやマルシェが帯広で開かれるように。農家や酪農家の友人も増えたし、地元暮らしは想像以上に快適です」

白いご飯とジンギスカン。大好きな組み合わせに智香さんもにっこり。北海道と帯広が大好きな智香さん。平和園のジンギスカンをいつでも食べられるいまの環境に満足しているそうです。「私が戻った頃からファーマーズマーケットやマルシェが帯広で開かれるように。農家や酪農家の友人も増えたし、地元暮らしは想像以上に快適です」

次々と焼いては食べ、飲みながら話す。
スパークリング清酒をおかわりしながら、
帯広の最新事情や東京の話題、恋愛話まで、ふたりの女子トークが盛り上がります。

「そういえば、私が上京して驚いたのは、
臭いから羊肉はちょっと苦手だと言う人がいること。
私たちはジンギスカンが臭いなんて感じたことないよね」(晴香さん)

「うん、小さい頃は羊肉だって知らなかったけど、
やわらかくて食べやすいお肉で大好きだった。
帯広だとむしろ牛肉よりも羊肉が好きな人のほうが多いかもしれないね。
外でも店でも焼肉といえばジンギスカンだもの。
苦手な人こそ平和園で一度食べてみてほしいよね」(智香さん)

ふたりは相談して追加で上カルビとカルビクッパを頼みます。
これはどちらもお父さんの大好物。
智香さんが帯広に戻ってきてからは、家族3人か母娘という組み合わせで、
ゆっくり平和園で飲む機会が増えたそうです。

地元の十勝和牛を使った黒毛和牛上カルビ。写真は2人前。860円。

地元の十勝和牛を使った黒毛和牛上カルビ。写真は2人前。860円。

カルビクッパ。ご飯もの、スープ、麺類はすべてハーフサイズあり。620円(ハーフ380円)

カルビクッパ。ご飯もの、スープ、麺類はすべてハーフサイズあり。620円(ハーフ380円)

女性スタッフのかわいいユニフォームは通称“ハイジ”。平和園オリジナルなのでファンも多いそう。このデザインや店の内装は、創業者でもある会長さんの感性から生まれました。せっかくの外食やソトノミなら非日常な雰囲気を、という気持ちからで、82歳になられたいまも店舗を見回っては我が子のように慈しんでいられるそうです。

女性スタッフのかわいいユニフォームは通称“ハイジ”。平和園オリジナルなのでファンも多いそう。このデザインや店の内装は、創業者でもある会長さんの感性から生まれました。せっかくの外食やソトノミなら非日常な雰囲気を、という気持ちからで、82歳になられたいまも店舗を見回っては我が子のように慈しんでいられるそうです。

次のページ
おいしい肉を安く提供できている理由

Page 3

安くておいしいのには理由がある

村上姉妹の楽しそうな会話が続いているので、
ジンギスカンのおいしさと人気の秘密を探るべく、
平和園本社の方にも話をうかがってみました。

タレはオーダーが入るたびに調味料をブレンド。
それを1人前ずつ手揉みしてすぐに提供する
「一丁付け」という手法を創業以来続けています。
これは肉からうまみがドリップで抜けてしまうのを防ぐため。
また肉は切り方を間違うとかたくなってしまうので、
繊維の入り方を確認しながら1枚1枚を手切りして、
余計な脂や筋も手作業で取り除きます。
そして羊肉は最上級のマトンをニュージーランドから。
一頭買いなので安く提供できるそうです。

お話をしてくれた社員の方にも、平和園愛が感じられました。
帯広地区部長の金本昌勇さんも物心ついたときからの平和園ファン。
海外で長年料理人として働いてから帰国後に入社。
いまは自宅にダクト付きの焼肉ルームをつくり、冬でも“外焼肉気分”を実践中。
仲間を平和園仕込みのおいしさでもてなしているそうです。
また、十勝地方でも太平洋岸の港町出身の広報、桜庭俊幸さんは、
高校生のときに帯広の親戚にご馳走してもらい、
初めて味わった平和園のおいしさと驚きが入社の決め手となりました。
「それがここ緑ヶ丘店です。当時から雰囲気は変わりませんね」

地元の人に長く愛されている店には、親子でつないでいくおいしい記憶がある。
それを平和園で見たような気がしました。

次のページ
お米と米麹由来の自然な甘さとほどよい酸味が特長です

Page 4

●きょうのローカル酒場の酒
松竹梅白壁蔵〈澪〉(みお)スパークリング清酒
爽やかな泡とお米生まれの甘みと酸味が、 楽しい会話の心地よいアクセントに

松竹梅白壁蔵〈澪〉(みお)スパークリング清酒

気の合う人とゆっくりおしゃべりしたいときは、
スパークリング清酒〈澪〉を乾杯からどうぞ。
お米と米麹由来の自然な甘さと、ほどよい酸味で、
どんなお料理にも合わせやすいはずです。
またアルコール度数5度と一般的な日本酒と比較して低め。
ほんのり心地よく酔えるので会話も楽しく盛り上がります。
村上晴香さんは〈澪〉を初めて飲んだときからのファンで、
きょうは妹が酔いすぎないようにとの姉心もあって〈澪〉をセレクト。
マスカットを思わせる爽やかな後味は、
平和園のジンギスカンにもぴったりでした。

information

map

平和園 緑ヶ丘店

住所:北海道帯広市西9条南17丁目

TEL:0155-25-2999

営業時間:11:00〜22:00

定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

アクセス:JR帯広駅南口から徒歩約15分

十勝地区6店舗以外に札幌地区に3店舗あり

Recommend