colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

〈T&M Bread Delivery SADO Island〉
定番からアイデア満載のパンまで!
すてきな夫妻の手づくりブレッド

おでかけコロカル|新潟編

posted:2018.10.2  from:新潟県佐渡市  genre:旅行 / 食・グルメ

PR 新潟県

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

writer profile

Kiyoko Hayashi

林貴代子

はやし・きよこ●宮崎県出身。旅・食・酒の分野を得意とするライター・イラストレーター。旅行会社でwebディレクターを担当後、フリーランスに転身。お酒好きが高じて、唎酒師の資格を取得。最近は野草・薬草にも興味あり。

credit

撮影:ただ(ゆかい)

佐渡で愛される、本格ブレッド

新潟港から佐渡の両津港に渡り、車を走らせ約1時間。
島の南部、羽茂(はもち)本郷というエリアに、
全国に多くのファンを持つパン屋さんが。

〈T&M Bread Delivery SADO Island〉は、
ニューヨーク出身のマーカス・ソトさんと
島根県出雲市出身の山崎智子さん夫妻がスタートさせた小さなベーカリー。
20年以上も前から、ベーグル、クロワッサン、アップルパイといった
ニューヨークスタイルの“ブレッド”を佐渡で提供しています。

「昔はパン屋さんがすごく少ない島だった。
70年くらい前からやっているパン屋さんもあるけれど、
コッペパンや菓子パンといった、昔ながらのパンしかなかったんだ」(マーカスさん)

日本語が堪能で、常に陽気なマーカスさん。お店のディスプレイは主にマーカスさんが手がけているのだとか。

日本語が堪能で、常に陽気なマーカスさん。お店のディスプレイは主にマーカスさんが手がけているのだとか。

ニューヨークでは当たり前のように食べていた“ブレッド”ですが、
この佐渡で食べるとなれば、自分たちでつくるしかない! 
そんな経緯で、ふたりのパンづくりがスタートました。

常時10~15種類のパンを提供していますが、
特に人気なのがクロワッサンと、アップルパイ。

人気のクロワッサン。

人気のクロワッサン。

カリッとした焼き面がハラリハラリと舞い、
中はしっとり、ふんわりといったクロワッサンをよく見かけますが、
こちらのクロワッサンは、かぶりつくと「ガリッ!」っと音をたてる、
食べ応えのある一品。
密度があるためズシリと重く、ちょうどよい塩味と、
バターの香り、小麦のほんのりした甘さがたまりません。

T&Mオリジナルのアップルパイ。

T&Mオリジナルのアップルパイ。

アップルパイは見ての通りのボリューム! 
ワンホールに佐渡の西三川産リンゴが4~5個も入っているのだとか。
販売当初の20年前からレシピは変えず、シンプルな材料でつくり続けているのだそう。

「島の人はリンゴが出回ると、おじいちゃんからお子さんまで、
みんなこれを買いに来ますよ。3世代で食べてくれているご家庭もあって。
島を出た人が戻ってきたとき、うちのパイを食べて
『10年前と同じ味!』って言ってくれたのもうれしかったですね」(智子さん)

笑顔の絶えない智子さん。パンづくり以外にも自宅の畑で自然農法の野菜づくりなどもしているそう。

笑顔の絶えない智子さん。パンづくり以外にも自宅の畑で自然農法の野菜づくりなどもしているそう。

生のリンゴを入れて焼いたアップルパイは、シャキシャキの食感。
ボリュームがあるにもかかわらず、フレッシュな味わいなので、
いくらでも食べられそう!

次のページ
酵母に仕込む意外なものとは?

Page 2

アイデア満載の天然酵母のパン

〈T&M Bread Delivery SADO Island〉のパンは、天然酵母を使用しています。
それもちょっと変わった原料を用いて、驚きのパンを生み出しているんです。

6月頃になると、佐渡の浜辺に一斉に咲くハマナスの花。
これを日が昇る前に摘みに行き、酵母に仕込むのだとか。
このハマナス酵母を使ってパンを焼くと、
ふんわりとバラの香りが漂う、ピンク色のパンに!

「ほかにも、ネムノキのピンクの羽のような花びらを仕込むと、
不思議なんだけれど、もう桃みたいな香りになるの。
酵母にすると花の香りとはまた違うものになって、
ちょっとおもしろいでしょ?」(智子さん)

焼きあがったばかりのカンパーニュ。

焼きあがったばかりのカンパーニュ。

旬の花、旬の果物を用いて酵母をつくり、その酵母によってつくられるパンは、
季節限定のパンとして提供しているそう。

「アップルパイを食べると、だんだん秋になるなあとか、
ハマナス酵母のパンを食べると、これから暑くなるなあとか。
お店に並ぶパンによって、『ああこの時期がきたのねえ』って、
私たちも、お客さんも、季節を感じたりするんです」(智子さん)

ときには国内や海外を回り、いろんな味覚や食べ物に出合い、
それが自分たちのパンやお菓子のアイデアにつながっているという
マーカスさんと智子さん。

「沖縄の多良間島の黒糖がおいしいって友だちから聞いて、
多良間島から黒糖を持って帰って、ちんすこうをつくったよ。
ちんすこうってラードを使うけど、私たちのは菜種油を使ってるんだ」(マーカスさん)

旅先で得たアイデアや、ときには冒険的な手法を使って、
自身が楽しみながらパンをつくっているというおふたり。
アイデア満載の夫妻のパン、ぜひ佐渡に足を運んで味わってみてはいかがでしょうか?

『新潟のつかいかた』ではマーカスさんと智子さんのライフスタイルについて
詳しく紹介しています。記事はこちらから↓

“佐渡の味”になったアップルパイ 〈T&M Bread Delivery SADO Island〉

information

map

T&M Bread Delivery SADO Island 

住所:新潟県佐渡市羽茂本郷634-2

TEL:090-3064-2880

営業時間:金・土曜のみ 8:00~18:00(パンがなくなり次第終了)

http://tm-delivery.com

新潟県とコロカルがコラボ!『新潟のつかいかた』巡りかた・食しかた・買いかた・暮らしかた 今こそ知っておきたい新潟の使い方とは?

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend