colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈札幌国際芸術祭2017〉は
もう始まっている!?
雪まつり会場をにぎわせた
『トット商店街』の秘密

ローカルアートレポート
vol.075|Page 2

posted:2017.3.16  from:北海道札幌市  genre:アート・デザイン・建築

sponsored by SIAF2017

〈 この連載・企画は… 〉  各地で開催される展覧会やアートイベントから、
地域と結びついた作品や作家にスポットを当て、その活動をレポート。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

credit

撮影:秋田英貴

Page 2

岸野さんの「メディア史」に対する探求は、2015年にパリで初演され、
第19回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門で
大賞となった音楽劇『正しい数の数え方』にも通じる点と言える。

『トット商店街』と同じように、この音楽劇でも、
アニメーションやパフォーマンス、人形劇、演奏など、さまざまな表現が盛り込まれ、
岸野さんが舞台で演じるだけでなく、人形やアニメのキャラクターとしても現れ、
現実という“こちら側”と映像という“向こう側”を行き来するような表現が
展開されている。

また『正しい数の教え方』では、大衆芸能や見せ物など、
近世の日本では芸術と捉えられていなかった時代が舞台となっており、
どちらの作品にも、メディア史の初期の表現から最新のテクノロジーまで
横断するという、岸野さんなりの解釈が折り込まれているのだった。

「メディア史というのは、常に再考する余地があります。
最新のデジタル技術を提示するだけではダメで、
歴史が折り込まれている必要があると思います」

雪像や映し出された映像とともに、音楽にも工夫が凝らされている。音楽を担当したのは海藻姉妹。季節にちなんだ「美しく青きドナウ」や「第九」などのクラシックと日本の唱歌をミックスした曲が流れた。

岸野さんによると、テクノロジーを使ってものをつくる40代や50代の人と、
20代の若い世代の人とのあいだで、メディアに対する感覚の乖離があるのではないか、
そう思うことがあるのだという。それをつなぐためにも、上の世代は、
どうしてこういう技術が生まれてきたのか、その歴史を伝えることが必要だという。

「今日の芸術祭において、こうした歴史観を伝えることは
とても重要なことだと僕は思っていますね」

8月に行われるSIAF2017では、岸野さんの言葉と呼応するように
「メディア史」に関わる、さまざまな取り組みも展開される。
テレビ演出家であり脚本家である今野勉さんによる
テレビの歴史に目を向けたプロジェクトや、
アーティストの宇川直宏さんによる新たなメディアを創出する試み、
ライブストリーミング〈DOMMUNE〉を札幌から配信することも計画中だ。

テレビ、商店街、七福神。登場するモチーフを読み解く

さらに詳しく『トット商店街』で登場しているモチーフについて見ていこう。
テレビ画面に影絵として映し出されていたのは農村。
そこからまちに農作物が届けられ、ひとつの社会が生まれているという考えに基づき、
テレビの両脇には商店街がつくられた。

そして、テレビと商店街のあいだをつなぐのがアニメーションで描かれた七福神。
画面から勢いよく飛び出したかと思うと、商店店主に姿を変えていく。

「七福神は調べていくと、収穫とか流通にまつわることをやっているんですね。
それを非常にポップな、ミッフィーの作者、ブルーナのようなテイストで
デザイナーに描いてもらいました」

モチーフがどのような意味を持っているのか、そのルーツをさかのぼるとともに、
岸野さんは今回、札幌出身者や地元の人に、商店街のお店の思い出についても
詳しくリサーチをしていった。

「どんなお店が印象に残っているのかを聞くと、
最初は有名なお店しか教えてくれないんですが、
例えば『学校の帰り道にどこに行きたかった?』と質問すると、
いろいろな名前が出てくるんですよ」

例えばそれは、札幌の繁華街・狸小路で112年の歴史があり、
2014年に閉店した〈中川ライター店〉。
ライターの専門店だが実は模型がたくさん置いてあり、
子どもたちの多くはここでプラモデルを買っていたという。

こうした人々の話を丁寧に掘り起こしながら、
商店街のお店のアニメーションが生まれていった。

札幌というまちをモチーフに取り込んでいった理由のひとつは、
これがSIAF2017のプログラムであることが大きいと岸野さん。
「芸術祭ということで、まず市民の方に楽しんでいただけるものを考えました。
外部からの視点を入れたり、作品化したりという行為をすると、
自分のまちを見直すきっかけになりますよね。
やっぱり自分のまちが好きという感覚は、住むための大前提だと僕は思います」

黒柳さんの雪像の脇に配されているのがオオカミの狛犬で、岸野さんによると「天女を見守る守護獣」としての役割があるという。

Tags  この記事のタグ

Recommend