colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

『西山忠男 OWL展』
みどり荘で開催。
開拓の歴史がつまった鍬に光を。
木彫作家が密かにつくり
続けてきたアートピース

コロカルニュース
vol.2278

posted:2017.12.13  from:東京都目黒区  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2017年12月16日(土)〜12月24日(土)、
〈みどり荘 中目黒ギャラリー〉(東京都目黒区)にて
北海道在住の木彫り作家、西山忠男さんの個展『OWL』が開催されます。

今回展示されるのは、ふくろうやアイヌの女の人の木彫り作品などを
手がけてきた西山さんが密かにつくっていた“燭台”。
一度役割を終えた古い鍬(くわ)の鉄の部分からつくったものだといいます。

「使い終わったからと言って無暗に捨ててはならないものだと思った。
あの鍬には北海道の開拓の歴史が詰まっている。
もう一度、色んな人に見てもらうためには明かりしかないと思ったんだ」(西山さん)

西山さんは、現在80歳。
兵庫のご出身で、若い頃は東京・浅草でアクセサリーデザイナーとして
サラリーマン生活を送っていたそうですが、
あるとき北海道の阿寒へ移住し、木彫り作家としての活動をスタートさせました。

それから30年もの間、北海道のアイヌの人たちと
交流を深めながら作品をつくってきたのだそう。
さらにギャラリーやレストラン、ホテルなどを経営し、ビジネスでも成功を収めました。

西山さんが阿寒、札幌、富良野を経てたどり着いた地が北海道上川郡東川町。
そこに住居兼お店〈ふくろうの店〉をかまえ、生活をいとなんできました。

そんな西山さんが人知れずつくってきた燭台を見い出したのは、
写真家の安永ケンタウロスさんでした。

家族とともに東川町に移住してきたという安永さんは
「北海道道1160号を車で走る度に〈ふくろうの店〉が気になっていたのだが、
なかなか入り辛い、どこか重々しい雰囲気があった。
しばらくした後、意を決して入ってみると、
西山さんは僕を快く受け入れてくれた」と語ります。

それからふたりは徐々に親密になっていき、あるとき西山さんから
「誰にも見せていないんだが、感想を聞かせて欲しい」と燭台を見せられたのだとか。

今回の展示は、安永さんがその燭台に感銘を受け、
「もっと多くの方に見てもらいたい、触れてもらいたい」と思ったことから実現しました。

このたび会場には、その燭台と燭台を写した安永さんの写真50点、
ふくろうの木彫りが並びます。

写真:安永ケンタウロス

次のページ
コワーキングスペース〈みどり荘〉のリノベにも注目!

Page 2

会場となるみどり荘ギャラリーは、閑静な住宅街のなかにある、
蔦(ツタ)に覆われた建物にあります。
じつはこちら、古い建物をリノベしたコワーキングスペース。

コンセプトは「これからの働き方の可能性を追求すると共に、
個が尊重される社会においても大切な拠り所となるであろう
仲間とともに働くスペース」。

かつてのトキワ荘のように、さまざまな仕事、国籍、趣味、考えを持つメンバーが集まり、
その混沌を通して生まれる「何か」をみんなで楽しめる場を目指しているといいます。

コワーキングスペースは月会費制で、ラウンジやキッチン、会議室も利用できます。

12月16日(土)は、18:30からギャラリーにてオープニングレセプションが開催されます。
展示を見たい方も、スペースに興味がある方も
お出かけになってみてはいかがでしょうか?

information

map

西山忠男個展『OWL』

開催日:2017年12月16日(土)〜12月24日(日)

時間:11:00〜20:00

会場:みどり荘中目黒ギャラリー

住所:東京都目黒区青葉台3-3-11

問い合わせ:090-4172-1102

写真:安永ケンタウロス

グラフィックデザイン:齊藤智法

テキスト:大隅祐輔

スペースデザイン:村山圭

Web:みどり荘 Facebook

Recommend