colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

長野県立科町〈町かどオフィス〉
工事費3万円!? 古い建物を再利用して
空き家活用の拠点に

リノベのススメ
vol.224

posted:2021.6.17  from:長野県北佐久郡立科町  genre:暮らしと移住 / 活性化と創生

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、
そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。
日本各地から、物件を手がけたその人自身が綴る、リノベーションの可能性。

writer profile

Kenichiro Nagata

永田賢一郎

ながた・けんいちろう●YONG architecture studio主宰。1983年東京出身。横浜国立大学大学院/建築都市スクールY-GSA修了。2013年より設計ユニットIVolli architectureとして活動の後、2018年より永田賢一郎|YONG architecture studioとして活動を開始。2014年よりシェアスタジオ〈旧劇場〉や設計事務所兼シェアキッチンの〈藤棚デパートメント〉、〈野毛山Kiez〉など自身の活動の場を地域拠点化していく活動をライフワークとして展開。藤棚一番街理事。2020年より長野県北佐久郡立科町地域おこし協力隊兼任、横浜と長野の2拠点での活動を始める。
https://www.yong.jp/

YONG architecture studio vol.6

横浜市の野毛山エリアで活動しながら、
長野県立科町で地域おこし協力隊として活動する
〈YONG architecture studio〉永田賢一郎さんの連載です。

立科町にて、空き家活用の促進をミッションに活動拠点をつくるべく、
まちの中心部に空き店舗を見つけたのが前回まで。
今回はその空き物件のリノベーションの過程と、
そこから広がる活動について紹介します。

〈藤屋商店〉を開く

前回ご紹介した〈藤屋商店〉さんは、築97年と歴史ある建物であり、
まちの中心に位置するため、かつてはまちのみんなが知っている商店でした。

お店は約10数年前に閉店しているが、オーナーさんはまだこの建物に住んでいらっしゃる。

お店は約10数年前に閉店しているが、オーナーさんはまだこの建物に住んでいらっしゃる。

内見させていただくと、当時の様子が想像できる家具や小物がたくさんあり、
移住者である僕にとっては、とても魅力的でどこか懐かしい空気のある場所でした。
なるべくこの雰囲気を壊さないよう、
最小限の手数で活用していくのがよさそうだと思いました。

藤屋商店の山浦文子さん。

藤屋商店の山浦文子さん。

昔の藤屋商店の様子。

昔の藤屋商店の様子。

ただ、こちらの物件の店舗部分には水回りがなく、
トイレも老朽化して撤去された状態でした。
地方では下水道の整備が不十分で、汲み取り式のトイレも少なくありません。
そのため、水回りの工事はコストがかかります。

空き家や空き店舗を活用する際、
「こうした不利な条件をどう捉えるか」が場所づくりのヒントになります。
お金をかけて修繕するだけでなく、現状使えるものから
場所の使い方を考えることで、新しい活用方法が見えてきます。

ここにあるもので何ができるか。

ここにあるもので何ができるか。

藤屋さんの場合、徒歩15秒ほどの距離に、ふるさと交流館〈芦田宿〉があります。
なので、トイレを使うなら交流館へ行けばいいのです。
そして、コーヒーが飲みたくなったり、まちについて聞きたいことがあれば、
同じ通りの〈はじまるカフェ〉さんや〈清水商店〉へ行けばいいのです。

建物がすべての機能を備える必要はなく、積極的にまちや周辺環境に頼れば、
不完全な建物は活路を見い出せるし、まちには人の往来が生まれるようになります。

次のページ
新拠点の3つの機能とは…?

Page 2

〈町かどオフィス〉の3つの機能

次に場所の名称をつけていきます。
立科町には16の区が存在しており、藤屋商店のある地区は「町」区といいます。
町区の中央にある交差点の角地に位置することから、
〈町かどオフィス〉と命名しました。

その名も「町」。隣には「古町」という地区もあります。

その名も「町」。隣には「古町」という地区もあります。

町かどオフィスの主な役割は、空き家の持ち主と立科町を訪れる人たちをつなぐこと。
そこで3つの機能を設けることにしました。

1 空き家の所有者と、空き家を探している人の相談窓口

空き家をどう活用すればいいか、具体的な片づけや改修方法など、
誰に相談したらいいかわからない。
そんな空き家の所有者に向けてここでヒアリングを行ったり、
現地視察をして具体的なアドバイスをします。

逆に空き家を探している町外の方には、所有者を紹介したり、
空き家バンクの登録状況をお知らせしたり。
2面ガラス張りの元店舗だった物件で、気軽に入りやすい構造を生かして、
いつでも相談にのれるよう構えます。

2 工作スペースの設置

ここで改修計画のある物件の模型を制作したり、簡単な家具などの補修を行えます。
ゆくゆくはまちのみなさんがここでワークショップができるよう、
開放していく予定です。建物の中で活動する様子が通りから見えることで、
活気が感じられるようになればと思っています。

3 空き家から回収した古家具や小道具などの展示スペース

空き家には、廃棄するにはもったいない家具や道具がたくさんあります。
地元の方にとっては、大したことのない代物でも、
移住者や県外から来た人にとっては魅力的に映ることも。
地域の資源を継承するため、回収品を一時的にストック、陳列し、
欲しい人に譲る場所にします。

家に眠る家具たちに興味がわくようになれば、
空き家の掃除を手伝ってくれる人たちを増やすこともできるかもしれません。

藤屋商店のオーナーさんにもお渡しした企画シート。

藤屋商店のオーナーさんにもお渡しした企画シート。

こうして企画をまとめたところで、オーナーさんや役場に提案書を持っていき、
無事に承諾を得ることがきました。賃貸契約は立科町とオーナーさんで締結、
協力隊である僕がここの運営をしていきます。
町と一体となり、こうした取り組みができるのも協力隊の魅力です。

次のページ
工事の予算がない、さてどうする?

Page 3

掃除、整理、再利用も立派な改修工事

無事に賃貸できるようになりましたが、工事にかけられる予算はありません。
店内に残った什器を活用し、廃棄予定の什器や家具を
周辺の空き家などから集めることで場所を整えていきます。
大半の作業は掃除になりそうですが、
それが元の場所の魅力を生かすことにつながっていきます。

とりあえず、机を置いて戦略を練る。

とりあえず、机を置いて戦略を練る。

交流館の地下に眠っていた銀行時代のソファは活躍しそう。

交流館の地下に眠っていた銀行時代のソファは活躍しそう。

ディスプレイ用の什器も周辺の物件から収穫。

ディスプレイ用の什器も周辺の物件から収穫。

唯一の工事は、照明の位置を移動し交換したこと。
この町かどオフィス計画では、まちの中央に拠点をつくることで、
賑わいを生み出すことも大きなテーマでした。
閉ざされた空き店舗を開き、明かりを灯すことが重要であり、
電気だけは工夫して明るい印象になるよう計画しました。

既存の蛍光灯の位置を移動して設置する。

既存の蛍光灯の位置を移動して設置する。

移動させた蛍光灯を柱につけることで、通りからも場所が認識しやすいように。

移動させた蛍光灯を柱につけることで、通りからも場所が認識しやすいように。

工作スペースのテーブルは、ホームセンターの材料で自主制作。

工作スペースのテーブルは、ホームセンターの材料で自主制作。

次のページ
驚きの総工費…!

Page 4

無事完成! 気になる総工費は?

こうして2020年11月、町かどオフィスが完成しました。
工期は2週間、総工費はなんと総額3万円の超ローコスト改修です。
掃除をして、物を整理して位置や使い方を変えるだけで、新鮮な場所が生まれます。

躯体には手を入れず、家具や照明などの配置換えだけ行った。

躯体には手を入れず、家具や照明などの配置換えだけ行った。

残置物の什器は、内装材のサンプル置き場に。

残置物の什器は、内装材のサンプル置き場に。

回収してきた古家具や道具たちはまとめて陳列。

回収してきた古家具や道具たちはまとめて陳列。

予算はないが、物や場所はたくさんある。
これが地方の現状であり、地域に沿った提案を模索していく必要があります。
いまある場所や物の価値を再発見し、そのまま活用していく。
これは外部から来た人間だからこそ担える役割かもしれません。
地元の人たちに「いかに身の回りにあるものがすばらしいか」を
伝えていける場所になればいいなと思いました。

夕方以降は照明によって、既存の空間がより際立つ。

夕方以降は照明によって、既存の空間がより際立つ。

日が落ちても、まちを明るく灯す。

日が落ちても、まちを明るく灯す。

空き家活用促進に向けて

完成後、町からの広報やプレスリリースなどの効果もあり、
多くの方々に町かどオフィスのことを知ってもらうことができました。
たびたび人がふらっと立ち寄り、空き家やまちについて相談をしていきます。

〈藤棚デパートメント〉同様に、事務所はいつでも相談できる状態に。

〈藤棚デパートメント〉同様に、事務所はいつでも相談できる状態に。

空き家を探しているとの問い合わせがきたら、現地へ案内も。

空き家を探しているとの問い合わせがきたら、現地へ案内も。

町民向けの広報『たてしな』でご案内。

町民向けの広報『たてしな』でご案内。

時期を合わせて、空き家所有者さん向けのアンケートや、空き家相談会を行ったことで、
「空き家を探している」
「うちの空き家を使えないか」といった問い合わせの頻度が高くなり、
空き家対策は徐々に活発になってきました。

活用可能性の高い空き家オーナーさんへ向けたアンケートの実施。

活用可能性の高い空き家オーナーさんへ向けたアンケートの実施。

空き家相談会の実施も。

空き家相談会の実施も。

二人三脚で空き家活用促進を図る役場の市村勇馬さん。

二人三脚で空き家活用促進を図る役場の市村勇馬さん。

次のページ
空き家の取り組み、主な3つの活動は?

Page 5

町かどオフィスから始まる、空き家の取り組み

とはいえ、恒常的に空き家活用が進む状況をつくるには、まだまだこれから。
この勢いを持続させるために、これからは空き家バンクの制度や補助について、
また具体的な空き家の活用方法や、空き家化するリスクなどを知ってもらうための
取り組みを展開します。活動内容は主に3つです。

1 実際に空き家物件を賃貸して改修していくプロジェクト

いち移住者として僕が自ら空き家を借りて、これから1年かけて改修し、
その後活用しながら物件のスペックを向上させ、
最終的にいまよりいい状態でオーナーさんへ返却します。
移住希望者は「まずは賃貸から」という方が多く、
逆にオーナーさんは物件の賃貸化への抵抗がある方が多いので、
賃貸化のいい活用事例として見せていくことを目指しています。

改修費はこちらで負担する代わりに、賃料を格安に。さらに改装も事業用の活用も承諾してもらうという条件。

改修費はこちらで負担する代わりに、賃料を格安に。さらに改装も事業用の活用も承諾してもらうという条件。

こちらの物件を7年契約で賃貸。改修の様子は定期的に地元のテレビ番組で発信をしていく。

こちらの物件を7年契約で賃貸。改修の様子は定期的に地元のテレビ番組で発信をしていく。

2 地元の高校生に向けて、空き家の授業

協力隊は地元の高校で毎年出張講演をしています。
今年は空き家についての授業を年間通じて行うことにしました。
結局、空き家は各家庭の問題です。
若い頃から知ってもらうことで、親御さんやおじいちゃん、おばあちゃんと
話し合いをするきっかけになればと思っています。

蓼科高校で空き家や移住についての授業。

蓼科高校で空き家や移住についての授業。

高校生に空き家を見学してもらい、活用方法を考えるワークショップも行った。

高校生に空き家を見学してもらい、活用方法を考えるワークショップも行った。

3 地元のテレビ番組で空き家の情報発信

町民のみなさん向けに、移住希望者の情報をお伝えする番組をつくりました。
「いったいどんな人が借りたいと思っているのか」
「移住希望者ってどんな人なのか」
興味とともに、不安を抱える町民の方もいらっしゃいます。
そこで、番組として移住希望者の情報を伝えることで、
空き家所有者と移住希望者をつなぐ役割ができたらと考えています。

町民のみなさんが一番情報を取り入れているのは、地元のテレビ番組。

町民のみなさんが一番情報を取り入れているのは、地元のテレビ番組。

空き家対策にまつわるタスクは山積みで、これだけでは足りていないのが現状です。
ただ、拠点をつくったことで、動きが活発に、そして多面的になってきました。

場所の力というのは、そこからどれくらいの活動が生まれ、
地域に派生していくかだと思います。
立科町での活動はまだまだ始まったばかりですが、
ぜひ多くの方に興味を持っていただけたらうれしいです。

次回は舞台をまた横浜に戻して、オフィスビルの一角を、
横浜滞在時の住居兼アトリエへ改修したプロジェクトについてご紹介します!

Feature  これまでの注目&特集記事