colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

大分県竹田市、最高のしいたけをめぐる旅 
〜KIRINくらしの劇場 オフホワイトハウス〜 
Vol.3 しいたけフルコースを
竹田のおかあさんと作ってみよう

日本列島カンタン郷土食
vol.016 番外編(大分・竹田編その3)

posted:2015.4.3  from:大分県竹田市  genre:食・グルメ

〈 この連載・企画は… 〉  地域ごとにさまざまな郷土料理がありますが、なかなか食べないし、伝えられていない。
コロカルはそれをちょっと心配してました。そんなときに郷土料理を後世に伝える全集が編集部で話題になり。
これを教科書に、いろんな人ともつながって、郷土料理を身近にする連載をしよう!ということに。
料理人・後藤しおりさんがアレンジした、家庭でおいしくカンタンに作れる郷土料理を、都道府県別に紹介していきます!

profile

Shiori Goto

後藤しおり

ごとう・しおり●実家は福島県で寿司屋を営む。ブータン料理店、野菜料理店などを経て、2012年7月に独立。世田谷を拠点にケータリング、ロケ弁、出張料理人として活動。不定期でアトリエでイベントなども行う。
http://gotoshiori.com/

photographer profile

Tetsuka Tsurusaki

津留崎徹花

つるさき・てつか●フォトグラファー。東京生まれ。『anan』『Hanako』など女性誌を中心に活躍。週末は自然豊かな暮らしを求めて、郊外の古民家を探訪中。コロカルで『美味しいアルバム』も連載中。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県生まれ。コロカル編集部編集担当。好きな郷土料理は宮城県亘理町のはらこめし。
https://twitter.com/akiko_saito

大分県竹田市、最高のしいたけをめぐる旅 ~KIRINくらしの劇場 オフホワイトハウス~

Vol.1:竹田の畑でとれたふきのとうの味!

Vol.2:しいたけ畑に大感動!

Vol.3:しいたけフルコースを竹田のおかあさんと作ってみよう

クリエイターが集まり、
ていねいなくらしを実践している家、「オフホワイトハウス」。
ここを料理人・後藤しおりが訪ね、
竹田のくらしに根付く、くらしのヒントをお届けします!

さてさて、いよいよ「オフホワイトハウス」で竹田のしいたけを
使ったフルコース制作に取り掛かりましょう!
助っ人にかけつけてくれたのは、竹田のおかあさんたち。
鬼に金棒です。竹田の「道の駅」に行って、地元の食材を調達しました。

道の駅に行くと、「これ予約しておいたよ!」
と、巨大な自然薯を手渡されました!
ずっしりと重い、1メートルを超える自然薯。
こんなに立派な自然薯は見たことがありません。
お値段は5000円あまり。

それでは家に戻って調理開始!
こちらが竹田のおたすけ隊、オフホワイトハウスがある久住町に
住むおかあさんたち。

竹田で生まれ育った方もいれば
隣町からお嫁に来た方もいて、
でもみんな仲が良くてうらやましいご近所さんたち。
九州の郷土食をしおりさんが実践で教わります!

Page 2

乾燥しいたけは24時間水につけて戻す、というのがおかあさんの教え。

「普段は戻すのに6〜8時間しかかけていなかったのでびっくり!
じっくり、ふっくら戻してから使用するのですね。
戻すときは、20分ほど水につけたあとに一度水を取り替えてください。
そうすると臭みがなくなって、戻し汁もおいしくいただけます。
お水もおいしいものを使ってくださいね」(しおりさん)

ぷりぷりでおいしそうなしいたけたち。

「干ししいたけは干すことで、食感も全く別物になります。
そこもおいさの秘訣ですね。戻し汁は昆布だしと割って
炊き込みご飯や味噌汁のだしにしたり、炊きものに使ったりとても万能です。
捨てたらもったいない!」(しおりさん)

お母さんたちにいろいろ聞きながら調理!

「干ししいたけを戻して、丸ごと揚げて南蛮酢につけた
干ししいたけの南蛮漬けも教わりました。真似します!」(しおりさん)

お豆腐やさん直伝! できたてのおからで作る「おからボール」。
しいたけの薄切りを入れて旨みもたっぷり。

おからが大好きなしおりさん、おから料理を作るコツは?

「とにかく新鮮なおからを使うこと! 火を通さず、
そのままで充分おいしいおからを使ってください。
おからボールは、油が低温のうちから揚げるとバラバラに
崩れてしまうので、少し高めの中温で揚げると綺麗に仕上がります」
(しおりさん)

こちらはしいたけご飯の仕込み中。

味見もバッチリ。
それでは、さきほど道の駅で仕入れた巨大自然薯に取り掛かりましょうか。

まるで動物のひづめのような迫力!

ものすごい粘りで、混ぜるのにも一苦労。

「粘りが強すぎて、よっぽど慣れていないとすりこぎが回らないほど。
それだけにとてもおいしく、味が濃かったです!」(しおりさん)

こちらは干ししいたけを使った煮物。
「少ない煮汁でさっと煮るのがコツ。
煮過ぎないので、ひとつひとつの素材の味がしっかり残ります」(しおりさん)

それでは次回、ついに実食です!

どんなしいたけフルコースが出来たのか、たのしみですねー。

大分県竹田市、最高のしいたけをめぐる旅 ~KIRINくらしの劇場 オフホワイトハウス~

Vol.1:竹田の畑でとれたふきのとうの味!

Vol.2:しいたけ畑に大感動!

Vol.3:しいたけフルコースを竹田のおかあさんと作ってみよう

Information


map

KIRINくらしの劇場 オフホワイトハウス

http://off-white.house/

自分らしい、“ていねいなくらし”って何だろう?
それが知りたくて、“くらしのまんなか”に家をつくりました。
場所は、大分県竹田市。
見た目だけではない、実際にくらせる家。
その家は、雄大な自然と、あたたかい人々に囲まれていて、
一風変わったハトの家族が住んでいます。
そして、“ていねいなくらし”に役立つヒントがたくさんあります。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ