colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

〈かふーわ宜野湾〉は
家族やグループにぴったり。
手づくり感いっぱいの外人住宅宿

おでかけコロカル|那覇編

posted:2016.4.25  from:沖縄県宜野湾市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editors

沖縄CLIP

沖縄クリップは、沖縄の隠れた魅力や新しい情報を、沖縄在住のフォトライターが中心となって美しい写真とともに世界に発信し、沖縄の観光産業に貢献するという目的のプロジェクトです。沖縄が大好きな皆さまとさまざまなかたちでコラボレーションし、ともにつくりあげる新しいかたちの観光情報メディアを目指しています。
編集長 セソコマサユキ
http://okinawaclip.com/

writer profile

Akiko Ono

小野暁子

2011年に沖縄へ移住。観光サイト『沖縄CLIP』のフォトライターの活動を中心に、沖縄関連の雑誌やサイトにて執筆。おいしいごはんやかわいい手土産探し、宿めぐりが大好きで、取材では沖縄の人たちの温かい人柄を伝えることをモットーにしている。ふたりの息子とともに沖縄の大自然も満喫中。
http://okinawaclip.com/ja/detail/714

大人も子どももくつろげる温かい宿

那覇空港から車で30分、人気のトロピカルビーチからは車で5分。
〈かふーわ宜野湾〉は、3LDKで大人7人が宿泊可能な1軒貸しの宿です。
戦後、米軍関係者用の住まいとして建てられた、
沖縄ならではの外人住宅(*)を利用しています。

庭には樹齢100年以上というガジュマルの木があり、
手づくりのブランコがつるされています。

「かふーわ」とは、沖縄の方言で、いい知らせや幸せを意味する言葉。
オーナーの中村淳(なかむらあつし)さんは、この場所から
幸せの輪が広がるようにと願いを込めて、宿の名前にしたといいます。

ドアを開けてまず目に入るのが、ポップカラーでまとめられたリビングダイニング。
テーブルも棚もDIYが得意な中村さんの手づくりで、
部屋は木の温もりを感じるやわらかな雰囲気です。

外人住宅だけあって天井が高く開放感があり、キッチンは広々とした大きさです。
電子レンジや炊飯器、冷蔵庫など、
基本的な調理家電は用意されているので、自炊も楽にできそう。
ダイニングの奥には洗濯機と乾燥機もあります。

ベッドルームはふたつあります。
ひとつは、光がさんさんと入り込むシングルベッドが3つ並ぶ部屋。

もうひとつは、2段ベッドの部屋。なんと、このベットも中村さんの手づくり!

下段を利用する人が圧迫感を感じないように天井を高くし、
幅はゆったりとしたセミダブルサイズ。
さらにベッドをくっつけることで、かなり広々と感じます。
見ているだけでも子どものはしゃぐ声が聞こえてきそうなこのベッドでは、
家族が川の字になって寝ることもできます。

子どもが喜びそうなもうひとつの部屋が、キッズルーム。
おもちゃや小さなすべり台まであって、子どもには至れり尽くせり!

*外人住宅:在日米軍の軍人や家族のために建設された米軍ハウス。1972(昭和47)年の沖縄返還後より民間に貸し出されるようになり、白い外壁、四角い建物というシンプルさが好まれ、住宅や店舗として人気を集めています。現在では「外人」という言葉が差別に当たるという指摘もありますが、沖縄では「外人住宅」という固有の表現が浸透しているため、ここではあえてそのままの言い方を使用しています。

次のページ
旅のプランも相談できる!

Page 2

どうしてこれほど子どもにやさしいしつらえなのかたずねてみると、
中村さんの答えはとてもシンプル。
「ゆったりくつろいで、大人にも子どもにも楽しい旅をしてほしいから」

壊してはいけないからアレをやらないでね、コレも触らないでね……
小さな子どもがいる親なら、旅先でもそんな気をまわしがち。

けれどここでは子どもたちが飽きずに過ごせ、大人たちはゆったりくつろげる。
ブランコも2段ベッドもキッズルームも、
4人のお子さんを持つ、中村さんのやさしさからできています。

「ケガさえしなかったら、家具に少しぐらい傷がついても大丈夫。
丸ごと1軒貸し切りなので周囲に気兼ねもありません。
どうぞ大人も子どもも笑顔で過ごしてください」と、中村さん。

すこんと抜ける空が気持ちいい庭からは遠くに海を眺められ、バーベキューも可能。
1000円の追加料金でバーベキューコンロと炭を利用できます。

さらにうれしいサービスは、中村さんが旅のプランの相談にのってくれること。
予約時はもちろん、チェックイン時にもおすすめの店や旅ルートを教えてくれます。

暑い時期なら、観光客が少なく地元の人が通うシュノーケルスポットを、
雑貨好きと聞けば、おすすめの雑貨屋さんを。
それから、地元の人と触れ合える場所に穴場スポット……
「旅の予定を組むこともサポートしますよ」と言う中村さん。
まるで、沖縄旅行の案内役のようです。

そんな心遣いもやっぱり、旅を楽しいものにしてほしいという思いからです。

ペットと一緒に泊まれて、大人数でもOK! 
家族のほか、最近では女子旅や卒業旅行で利用するグループも増えているそう。
近隣にはかわいいカフェやパン屋もあり、暮らすように泊まれる宿、かふーわ宜野湾。
ここは、やさしさのつまった一軒宿です。

information

map

かふーわ宜野湾

住所:沖縄県宜野湾市大謝名2‐5‐11

TEL:090-1947-0122(直通) 098-998-8628

宿泊料金:1軒貸し25,000円(プランによって変動あり)

http://favorite-okinawa.com/

*シュノーケルセットの無料レンタルあり

*リビングにキッズハウスつきの外人住宅宿〈かふーわ浦添〉もあります

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ