colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

体にやさしい食材と雰囲気を求めて
〈ホタルカフェ〉へ。
ホタルの時期じゃなくても

おでかけコロカル|淡路・洲本編

posted:2016.2.27  from:兵庫県淡路市  genre:旅行

sponsored

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

text & photograph

Yoshiaki Tamura

田村慶明

たむら・よしあき●奈良生まれ、大阪在住。ライター&フォトグラファー。大阪のデザイン会社、印刷会社、編集プロダクションを経て2010年よりフリーで活動。京阪神を中心に雑誌やWebなどの編集・広告の制作を行う。ランニングと筋トレと旅行と陶芸が趣味。

credit

Supported by 神戸市

看板犬とあたたかいオーナー夫婦に癒されるカフェ

島の北部の里山で、2匹の看板犬とともに福島淳・由美夫妻が営むカフェ。
ここは2014年の4月にオープンして以来、地域の憩いスペースとして、
また愛犬と気兼ねなくくつろげる場所として、多くの人を癒しています。

遠くから見ると普通の一軒家に見えるため、
初めての方は素通りしちゃうこともあるようですが、カフェ横には大きな水車。
これをちょっと意識しながら探して、訪ねてみてください。

扉を入ると、最初に出迎えてくれるのは、パーソン・ラッセル・テリアのタップくん♂。
人見知りはまったくしないけどカメラが苦手らしく、
レンズを向けるとプイッとどこかへ行っちゃいます。
よって、撮影は福島さんが抱えてパシャリ!

また、イタリアン・グレイハウンドのジョジョちゃん♀は、とにかくマイペース。
女の子らしくちょっとおしゃまな感じが母性をくすぐります。
この2匹のワンちゃん目的に島外から訪れる人もいるそうです。

こちら自慢のランチは、野菜を生かしたソースを使った煮込みハンバーグ900円。
14時までなら+200円でドリンクつきに、
さらに+250円でハーフサイズのケーキがついてきます。
自家製にこだわり、体にやさしい食材を使っているため、
特に年配の方からの人気が高いようです。
土日なら、野菜中心のおばんざいが6種いただける「六菜プレート」がおすすめ。

さて、そろそろホタルは……?と思われると思いますが、
そこは店名通り、シーズンにはホタルを楽しむことができますよ。
5月下旬ごろから6月中旬にかけてはゲンジボタル、
6月終わりから7月終わりまではヒメボタルが見られるそうで、
天気を確かめて訪れたいですね。
もちろんホタルの時期でなくても、やさしいご夫婦と
愛くるしいワンちゃんにたっぷり癒されますよ。

information

map

ホタルカフェ

住所:兵庫県淡路市生田田尻313

TEL:0799-70-4230

営業時間:11:00~18:00(ホタルの飛翔時期は21:00まで、時期はお問い合わせください)

定休日:水曜日

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ