colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

「花藍舎」
耳を澄ませば聞こえる、
機織りの音

おでかけコロカル|うるま編

posted:2015.9.1  from:沖縄県うるま市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

「うるま時間」編集部

うるま市の素敵な旅時間を紹介するサイト「うるま時間」の編集部です。
うるま市は、沖縄本島中部に位置し、琉球ロマンを感じる世界遺産・勝連城跡や爽快な海にのびる海中道路が有名です。また、闘牛や伝統エイサーなど地域の文化など見どころも満載。
そんな、魅力あふれるうるま市を、4名の編集部員がお届けします。
http://www.urumajikan.com/

credit

写真提供:うるま市

琉球藍のあお色に魅せられて。

勝連南風原(かつれんはえばる)のとある古民家。
ヒンプンには「花藍舎(カランシャ)」と書かれた看板が掛かっています。

奥に広がるのは赤瓦の染織工房。
琉球藍で染められた糸が、風車のような器具に巻かれています。

使い込まれた手機織り機。無造作にかけられたストールや暖簾の深い藍。
八重山での制作活動を経て、うるま市に拠点を移した作家の宮良千加(みやらちか)さんが、
ここで制作に励んでいます。

「花藍舎」という言葉。草木を表す「花」と藍染めの「藍」を使い、
機織りで横糸を通す時に鳴る「カラカラ~、シャ~ン」という音を表わしています。

壁にかけられたストールは、八重山の夜空の星をイメージした「群星(むるぶし)」。
深い夜に輝く星空が目の前に広がるよう。

琉球藍で染められた麻や綿の糸を織り上げる花藍舎の世界。
それは、かつて宮良さんの瞳にうつった、八重山の原風景そのもの。
今でも宮良さんの機織りの音、花藍舎の音と色を時折思い出すのです。

Information


map

耳を澄ませば聞こえる、機織りの音 花藍舎

住所:うるま市勝連南風原152

TEL:090-5720-9268(見学は要電話確認)

定休日:不定休 (要電話確認)

https://www.facebook.com/teori.aizome.karansha/timeline

<取り扱い店舗>
Galleryはらいそ(うるま市石川曙1-9-24)

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ