colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

地元の食材を使ったジェラート
「うるまジェラート」

おでかけコロカル|うるま編

posted:2015.9.2  from:沖縄県うるま市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

「うるま時間」編集部

うるま市の素敵な旅時間を紹介するサイト「うるま時間」の編集部です。
うるま市は、沖縄本島中部に位置し、琉球ロマンを感じる世界遺産・勝連城跡や爽快な海にのびる海中道路が有名です。また、闘牛や伝統エイサーなど地域の文化など見どころも満載。
そんな、魅力あふれるうるま市を、4名の編集部員がお届けします。
http://www.urumajikan.com/

credit

写真提供:うるま市

ここでしか味わえないジェラートがたくさん!

勝連半島の海岸線、照間ビーチを左手に見ながら車を進めていると
見えてくるのが「うるまジェラート工房&Cafe」です。

名前に「うるま」をつけている通り地元愛に溢れたお店です。
「うるま市の素材をおいしくいただき、多くの方に楽しんでもらいたい」
そんなコンセプトでジェラートがつくられています。
地元の農家さんが育てた無農薬野菜の販売など地域との連携も大事にしています。

ショウウインドーに並ぶ色とりどりのジェラートたち。
安全な素材を使って安心に食べてもらいたいから全て無添加で作られています。
「ミルク」や「カフェモカ」といったスタンダードなメニューのなかに
「マンゴーソルベ」や「スイートポテト(紅芋)」、
「黒糖ココア」といった沖縄ならではの素材があったり、
「島とうがらし」「パセリ」、
大東島産ラム酒&ドラゴンフルーツの「ピンクドラゴン」といった変わり種も。
うるま市の特産品もアイスになっています。
伊計島で収穫された「ゴールデンポテト(黄金芋)」や
宮城島のブランド塩「ぬちまーす」、有機栽培の「山城紅茶」といった
地元愛に溢れたジェラートも並びます。
どれもおいしそうで個性的だから悩んでしまいます。

持ち帰りに便利なカップのジェラートも販売しています。
旅のお土産にもってこいな一品です。
いろいろな味を一度に味わいたい方にもオススメです。

店内にはイートインスペースも用意されてます。
ジェラートの他にコーヒーなどのメニューもあります。
「人と人がつながり、笑顔と元気が集まる場所」
うるまジェラートのコンセプトがここにも活かされています。

照間ビーチを眺めながらジェラートを頬張ってみると、
広がる海と空、そして地元の食材で作られた味わいが
長距離ドライブや長旅の疲れを、きっと癒してくれるはずです。

Information


map

地元の食材を使った うるまジェラート

住所:うるま市与那城照間1860-1

TEL:098-978-8017

営業時間:11:00~18:00

定休日:年末年始

http://www.urugela.com/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ