colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

「ストローベイル SANKANYA」
四万十川のほとりの
小さなケーキ屋さん

おでかけコロカル|高知編

posted:2014.9.8  from:高知県四万十市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Web mgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20~40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

credit

text:川村慎也

高知市から車で約2時間、四万十川中流の小さな町、
江川崎から国道をしばらく下ると、
産直市のとなりに立つ白い小さな家が目に入ってきます。
この家が、四万十の小さなケーキ屋「ストローベイルSANKANYA」。
ここではクリやトマト、アスパラガスといった
地域の食材を生かしたスイーツを楽しむことができます。

ストローベイルハウスが目印。

この白い建物は藁のブロック(ストローベイル)と漆喰を使ってつくられた
「ストローベイルハウス」と呼ばれる建築で、断熱効果や仕上がりの美しさ、
誰でも気軽に施工できることが特徴です。
この建物も地域の人たちによって建てられていたものを、中脇由美さんが主体となって、
5年前からケーキ屋さんとして使っています。

中脇さんは「西土佐の地域にたくさんの人が訪れるように」
と幼い頃からの夢だったケーキ屋さんを始めました。
また、「地元で採れた豊かな農産物を活かしたい」
という思いからSANKANYAのケーキにはかならずひとつ、
地域の食材が活かされていて、トマトやアスパラガス、
ナスなどちょっと他ではお目にかかれない変わったケーキも味わえます。

「野菜そのものの味とクリームの相性を楽しんでほしい」
という思いからケーキに使う野菜を甘く煮込んだりはせず、
旬を意識にして「あるものをある時に使う」ため
砂糖を控えて煮込んだ野菜や果物は、クリームとの相性もばっちり。
季節ごとに異なった、素朴でおいしいケーキが店頭に並ぶのです。

人気の三角モンブラン。

なかには通年で購入できる商品も。
特に、やわらかくてふわふわのスポンジを使ったロールケーキや、
三角モンブラン、トマトのケーキなどは人気の商品です。
「もっと種類を増やしながらも、やさしくてほっとする味のケーキを作りたい」
と中脇さんは、まだまだ新作を準備している様子。
四万十でたくさん遊んだあとは、
川辺の白くて小さな藁の家を訪ねてみてはいかがでしょう。
やさしい味の西土佐産のスイーツに出会えるはず。

四万十川のほとりでケーキを楽しむこともできます。

information

map

ストローベイルSANKANYA

住所 高知県
四万十市西土佐江川崎2410−1
電話 0880-31-6474
営業時間 10時〜15時 火曜・木曜休
※なくなり次第終了

Feature  これまでの注目&特集記事