colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

「たかしまコーヒー店」
徳島駅前喫茶めぐり〈その2〉

おでかけコロカル|徳島編

posted:2014.3.31  from:徳島県徳島市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Web mgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20~40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

昭和33年創業の「たかしまコーヒー店」。
コーヒーはもちろん、70種ほどもあるサンドイッチも人気のお店です。
ハンバーグを食パンで挟んだハンバーガー(370円〜)や、
クロックムッシュ(390円〜)などさまざまなメニューがあります。
電話予約でテイクアウトもOKです。

一番人気のスペシャルバーガー(500円)。ハンバーグ・ハム・タマゴ・チーズ・野菜が入っています。コーヒーは400円。

コーヒーのカップ&ソーサーは「冷めにくい」というかたちを採用したオリジナルです。
こちらのオリジナルカップ&ソーサーは1800円で購入することもできます。

手前が北イタリアの修道院で使われていたという一枚板のテーブル。

どしりとした存在感を放っている長い一枚板のテーブルが印象的な店内。
店主がイタリアを旅行中、偶然見た雑誌に載っていたテーブルに一目惚れし、
言葉もわからないままそのテーブルを求めて出向き、
修道院で使われいたというこの一枚板のテーブルを手にいれたのだそうです。

テーブルの高さが日本人の背丈には合わなかったので、
よく見るとテーブルの脚が床に埋め込まれているのがわかります。

店主の高島さん。

たかしまコーヒー店は平成9年に改装するまで、
たった4坪の小さなお店でした。
当時使われいたカウンターテーブルの木を使ってつくられたのが、
現在のカウンターのイスです。
そのためか、店が新しく大きくなっても、居心地の良い雰囲気は変わっていません。

常連さんのコーヒーチケットと、昔、店主がアメリカの蚤の市で買ってきたという古いレジ。

「高校生の時から通ってくれている人もいるんよ」
と帰省の度に寄ってくれる学生さんや、
親子3代で常連になっているご家族もいるそうです。
世代を越えて、愛されているたかしまコーヒー店。
店の前の看板には、店主の人柄を表すような言葉が。

徳島駅前に向かう通りに面した立地。

「来る人には良い味を。去る人には幸せを」
幸せを感じに、ぜひ一度お立ちよりください。

information

map

たかしまコーヒー店

住所 徳島県徳島市八百屋町2-20-1
TEL 088-652-1071
営業時間 7:00〜19:00 不定休

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ