colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

「いかりや珈琲店」
徳島駅前喫茶めぐり〈その3〉

おでかけコロカル|徳島編

posted:2014.3.31  from:徳島県徳島市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Web mgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20~40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

徳島中央郵便局のちょうど裏通りにひっそりと佇む喫茶店。
店内はイタリアンタイルでまとめられた床や壁、独創的で上品なランプなどで装飾され、
昭和30年創業当時にとってはモダンでハイカラだった様子が伺えます。
この“レトロ”と言える雰囲気が、ふと落ち着ける居心地の良さを味わわせてくれます。

ゆるやかなカーブを描く一枚板のカウンター。

店内の一部の壁面はこのようなイタリアンタイルで装飾されています。雰囲気抜群!

昔ながらの常連客が多いかと思いきや、若い女性にも人気の喫茶店です。
食べやすいように六つ切りにカットされたフレンチトーストや、
ワッフルセットなどが人気なのだそう。
なかでも一番人気はコチラ。

夏の時季はお客様の8割がコーヒーゼリーを注文するのだそう。テイクアウトも可。

先々代が創業当初につくった配合をそのまま引き継ぎ、
変わらない味を提供し続けている定番珈琲の「オリジナルブレンド」。
そのオリジナルブレンドを使ってつくられた、
「コーヒーゼリー」(450円 ※2014年4月1日より500円に変更予定)が、
30年前からの人気メニューです。
ほんのり苦みのあるコーヒーゼリーの上には、
甘さ控えめのアイスクリームがたっぷりと盛られています。
甘過ぎないのでさっぱりとした味わい。
さらにシロップを加えて味の変化を楽しみながら、あっという間に完食できます。

徳島名産の焼き物「大谷焼」でつくられた鉢に入れて珈琲豆を販売されています。

珈琲豆は年代ものの焙煎機を使って焙煎されています。
煙の出方や豆の音の微妙な変化を感じ取り“いつもの味”をつくっていくので
「使い慣れた焙煎機じゃないとわからない」とご主人は言います。

珈琲豆の販売も行っています。
ずらりと並ぶ珈琲豆がお客さまからも
手の届く位置にあるのは「ぜひ香りを感じてほしいから」とのこと。
店内でゆったりとコーヒーゼリーを味わって、帰りにはお土産に珈琲豆をぜひどうぞ。

information

map

いかりや珈琲店

住所 徳島県徳島市通町1-12
TEL 088-623-0808
営業時間 平日8:00〜18:30、土曜9:00〜17:00 日曜・祝日休
駐車場 有
※ メニューの価格は2014年4月1日より変更します。
http://www.ikariya.net/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ