colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

静かな秘湯「郷麓温泉」。
川のせせらぎに耳を傾けて入る
お湯は格別!

おでかけコロカル|高知編

posted:2014.2.19  from:高知県津野町  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Webmgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20〜40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

credit

text:タケムラナオヤ

四国の「いい湯」は、その多くが山奥にあります。
高知市から車を走らせること約二時間、
津野町にある「郷麓温泉」もそのひとつです。

かつては宿の人自身が「釣り人ぐらいしか泊まらない」というほどに鄙びた宿で、
湯船も小さなものがひとつあるだけだったのですが、
2年前に建物のほとんどを建て替える大規模なリニューアルを行いました。

一番の自慢は、もちろんお風呂。
ご主人が「一番眺めのいい場所に」と、
四万十川支流北川川の流れを望む高台に浴室が設けられています。

源泉自体の湧出量はとても少ないのですが、
ここ郷麓温泉はその湧出量に見合った小さな湯船しかありません。
それゆえ、源泉からひいているお湯は濃厚そのもの。
事前に到着時間を伝えておけば、新しいお湯を張って待っていてくれます。
貸切風呂なので、他のお客さんと一緒になることもありません。

四国では、山間部に点在していた小さな「いい湯」が少しずつ減っていますが、
ぜひともこれからも頑張ってほしいものですね。

源泉水で番茶をわかした「源泉茶」。これをずっと飲んでいると胃腸の調子が良くなるそうで、地元の方の中には源泉を持ち帰ってお米を炊く方もいるのだとか。

inforamtion

map

郷麓温泉[ごうろくおんせん]

住所 高知県高岡郡津野町北川8308 電話 0889-62-2336 料金 1泊2食付7,300円~12,000円(1名さま) 定休日 木曜日(祭日前日除く)

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ