colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

「あおぎ」食堂の名物
「ツガニうどん」。仁淀ブルーこと、
仁淀川のほとりでいただく絶品

おでかけコロカル|高知編

posted:2014.2.19  from:高知県いの町  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Webmgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20〜40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

credit

text:松田高政

ツガニの旨味たっぷりのおいしいうどん

高知県いの町を流れる清流・仁淀川。
仁淀川は、水質の美しさが日本一になったことでも知られています。
このほとりに、昔ながらのたたずまいをした一軒の食堂があります。
その名は、「あおぎ」。
知る人ぞ知る、仁淀川の川の幸がリーズナブルな値段で食べられる食堂です。

こちらの名物は、ずばり「ツガニうどん」。
ツガニとは、通称「モクズガニ」とよばれる、渓流や川で獲れるカニのこと。
うどんのスープは、小さなサイズのツガニを生のまま殻ごと粉々にし、
少しずつ水を流しながら、ガラだけが残るように漉してカニのエキスを取るという、
豪快な方法で作る「ツガニ汁」がベースになっています。

うどんの上には、ツガニ汁の中に含まれたカニの身やカニみそなどが熱せられ、
フワフワに固まっています。そのフワフワの身やカニのエキスが溶けだしたスープと一緒に、
アツアツの麺を口の中にそそぎ込むのです。
雄大で清涼感あふれる仁淀川の景色を見ながら食べるツガニうどんは、
川の幸が好きな人にはたまらないおいしさ。

ちなみに、夏のシーズンはツガニの冷やしそうめんもあります。
9月頃から10月にかけては鮎のシーズンでもあるので、
トッピングに鮎の甘露煮を加えるのもオススメです。
ぜひ、仁淀川のほとりで川の幸を口いっぱいにほおばりながら、
十分鋭気を養ってください。

あおぎから見渡す、美しい仁淀川の風景。

inforamtion

map

あおぎ

住所 高知県吾川郡いの町勝賀瀬3192
電話 088-897-0435
営業時間 8:00~19:00
※店の前に数台駐車場あり

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ