colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

潮の香りもご馳走のひとつ。
ゆらめく船で“海の幸”を堪能。
「漁舟食堂」

おでかけコロカル|しまなみ編

posted:2013.11.28  from:広島県  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

ディスカバーリンク
せとうち

ディスカバーリンクせとうちは、新たなまちの魅力を観光へとつなげ、まちに事業と雇用を創出し、せとうちの未来を育てていくことを目的としています。歴史的建造物を再生し、暮らすように愉しむ空間を提案する“町家宿プロジェクト”や、世界共通言語のデニムで広島県備後地方の繊維業を活性化させる“尾道デニムプロジェクト”、自由な学びの場を展開する“尾道自由大学”など、多様な切り口のプロジェクトを展開しています。
http://www.dlsetouchi.com

credit

text:まやはらとみこ

キラキラ光る水面を眺めながら、停まっている船の上で食事をいただく、
全国でも珍しいスタイルの「漁舟食堂」。
朝は、獲れたての魚貝を使った「刺身定食」、
お昼は、漁師が作る丼を手本にした「海鮮丼」と「穴子丼」のふたつのメニューがお出迎え。
夜の営業は貸し切りのみだが、桟橋から出航し、
沖に停泊した船の上で宴会料理を楽しむことができる。

豪快に散らされた海苔にびっくり。

海鮮丼の中身は、その日の朝に揚がった魚を使うため、日によってさまざま。
この日は、アジ・カンパチ・イカ・鯛の4種類の漬けが、
器からこぼれ落ちそうなくらいに盛られていた。
魚の活きの良さは、口に入れた瞬間のプリプリ感で、納得!
お箸が半分くらい進んだところで、
「熱々のだし汁をかけて、残りはお茶漬けとしても楽しんでもらえますよ」
と店主から一言。かつお・昆布・ほうじ茶で煮出した濃いめの出し汁が、
優しい味の酢飯にパンチを効かせてくれる。

地元で人気の穴子丼。

お次は穴子丼……。地穴子が器からはみ出すほどの勢い。
穴子丼といえば、尾道では焼き穴子が一般的だが、ここは「煮穴子」であるところがポイント。
それぞれの丼には、あおさの入った味噌汁や、季節の小鉢、漬物がついていて、
味噌汁はお替り自由なのも嬉しいところ。

瀬戸内の爽やかな空と海に包まれて、穏やかに過ごす贅沢タイム。
尾道散策の休憩がてら、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょう?

information


map

漁舟食堂

住所 広島県尾道市十四日元町(十四日元桟橋)
TEL 0848-24-4213
営業時間 [朝食]7:30~10:00、[昼食]11:30~14:00
※11月〜3月上旬は朝食営業を一時休止。
定休日 水曜日(雨天・荒天時は休業する場合があります)
駐車場 なし
http://gyosenshokudo.jimdo.com

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ