colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

日本海の強風が生んだまち並み。
「間垣の里」

おでかけコロカル|能登編

posted:2013.10.22  from:石川県輪島市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

チーム「のとつづり」

都内で広告・編集に携わるメンバーたちと、和倉温泉「多田屋」の若旦那とで構成されるチーム。 能登の魅力発信ガイド「のとつづり」を春・夏・秋冬の3号に渡って公開したのち、一旦お休み中。 このサイトがきっかけで、能登の別のお仕事でお声掛けいただくという嬉しい出来事も。 能登専門編集部として、随時お仕事をお待ちしております!
http://tadaya.net/nototsuduri/

竹の垣根でぐるりと囲まれた集落は、
異境の地に迷い込んだかのような不思議なまち並み。
城壁のようにも感じられる「間垣(まがき)の里」は、
輪島の西、上大沢町と大沢町の2か所に点在しています。

「間垣」とは、長さ約3メートルのニガ竹を隙間なく並べてつくった垣根のこと。
集落をぐるりと取り囲み、日本海の強風から家屋を守ります。

湿気や西日も軽減するため、冬は暖かく、夏は涼しいという効果も。

奥能登の興味深いまち並みは、厳しい自然と共存してきた先人たちの
生活の知恵がもたらしたものなのです。

土塀やブロック塀とは異なり、間垣には程良い隙間があるため、
強風が隙間を通り抜けていきます。
そのおかげで、間垣自体も強風による倒壊を防いでいるのです。

風よけの垣根は、日本海沿いの他県の集落でも見られますが、
板張りのものが多く、竹でつくられたものはとても珍しいそう。

自然の厳しさを受け入れ、共存していくための工夫がもたらしたこの景観は、
能登が世界農業遺産に認められた理由のひとつでもあるのです。

information

map

間垣の里

住所 石川県輪島市大沢町、下大沢町

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ