colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

柳ケ瀬のように、
愛される和菓子を届けたい。
「ツバメヤ」

おでかけコロカル|岐阜編

posted:2013.7.23  from:岐阜県岐阜市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

a un編集室

あ うん

岐阜市にて、岐阜まちなか再発見フリーマガジン『a un』を制作。名前の由来は、「読者のみなさんとあうんの呼吸で気持ちが通じ合えるように」との思いから。3・6・9・12月下旬の年4回発行。JR岐阜駅高架下アクティブG、まちなかの商店、公共施設などで設置・配布中。編集室おすすめのお店情報をまとめた可愛い本『岐阜さんぽ』(樹林舎)も好評。
http://aun-web.com/

柳ケ瀬商店街にある和菓子屋「ツバメヤ」。
オーナーは近くでオーガニック食堂を営む岡田さや加さん。
「柳ケ瀬には尊敬できる老舗が多いのに新店は少ない。
この商店街のように誰にでも親しまれる店が必要だと思いました」

そんな時、三重県の和菓子屋「まっちん」の店主、
町野仁英さんと出会います。
食や農業に関心の高い彼が生み出す和菓子は、
素材を大切にしたものばかり。
「その姿勢や味わいは、私の理想そのものでした」

左から川合さん、オーナーの岡田さん、川瀬さん、町野さん。

惚れ込んだ岡田さんは早速スカウト。
町野さんもその熱意に動かされ、二人で商品開発が始まりました。
完成した看板商品「大地のどらやき」は、
平飼い鶏の有精卵、天然重曹、洗双糖、石臼で挽いた全粒粉で作る
きめ細やかでもっちりとした生地に、
十勝産特別栽培小豆を炊いた餡がたっぷり。

町野さんが長年かけてたどり着いた各地の厳選素材を使用しています。

「まっちん」の代表作、
奈良産本わらび粉と奄美大島の洗双糖を丁寧に練り、
丹波産京きな粉をまぶした「本わらび餅」もさすがの評判です。

「わざわざ店に来てくださる方に最高の和菓子を届けたい」
信頼できる素材と確かな味、真っ直ぐな信念。
柳ケ瀬にまた、尊敬できる名店が誕生しました。

全粒粉の素朴な味わいが広がるしっとりとした生地の間に十勝産小豆あんがたっぷり。大地のどらやき 189円

全国から注文が舞い込む人気ぶり。弾力がありながらとろけるように柔らかい驚きの食感。本わらび餅 945円

Information

map

ツバメヤ

住所 岐阜県岐阜市日ノ出町1-20 ロイヤルビル1F
TEL 058-265-1278
営業時間 9:00 ~ 18:00(売り切れ次第閉店)
月曜休
http://tsubame-ya.jp/

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ