colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

岐阜の夏の定番、 こだわりかき氷。
「茶屋 赤鰐」

おでかけコロカル|岐阜編

posted:2013.7.23  from:岐阜県岐阜市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

a un編集室

あ うん

岐阜市にて、岐阜まちなか再発見フリーマガジン『a un』を制作。名前の由来は、「読者のみなさんとあうんの呼吸で気持ちが通じ合えるように」との思いから。3・6・9・12月下旬の年4回発行。JR岐阜駅高架下アクティブG、まちなかの商店、公共施設などで設置・配布中。編集室おすすめのお店情報をまとめた可愛い本『岐阜さんぽ』(樹林舎)も好評。
http://aun-web.com/

岐阜で「かき氷」といえばすぐに名前が挙がるのが、
言わずと知れた名店「赤鰐」です。
「東京からわざわざ食べに来てくれるお客さんもいるんですよ」
と話すのは、店主の五島さん。
20年ほど前にこの店をオープンしました。

名物の「かき氷」は、粉雪のようにふわふわできめ細やか。
その上に、季節の生フルーツで作ったシロップ、
抹茶やきなこのみつがたっぷりとかかっています。
驚くほど口どけのよい氷と香り豊かなシロップとのハーモニーは最高。

そのおいしさの秘密は、氷の温度管理と削り方にあります。
硬すぎても溶けすぎていても、細かくふんわりと仕上がりません。
こまめに研磨した刃を使い、弱めの圧力で削るのがコツ。
小さな器にこんもりと盛り、作りたての特製シロップをかけてできあがりです。  

思い通りに氷を削れるよう、かき氷機を自分でカスタマイズしているそう。

夏の間は行列が途絶えることがなく、
一日に300杯を作ることもあると言います。
その人気ぶりに、
「かき氷屋ってめずらしいからじゃないかな」
と笑う五島さん。
忙しいからといって手抜きはせず、
自分がおいしいと思うものを作ることにこだわります。
うだるような暑い日に、赤鰐のかき氷。
これが、岐阜の夏の定番です。

ふわふわの氷に特製シロップがたっぷり。かき氷は年中味わえます。抹茶ミルク金時 710円

つるりとしたお餅にミルで粗めに挽いたきなこを付けて。わらびもち 530円

木の温もりを感じる店内。行列に並ばなくてもよい9月後半以降が狙い目。

Information

map

茶屋 赤鰐
ちゃや あかわに

住所 岐阜県岐阜市八幡町13
TEL 058-264-9552
営業時間 11:30 ~ 20:00(夏季は11:00~)
水曜休(夏季は無休)

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ