colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

深い味わいの
器を見て・触れて・使う
「岩井窯」

おでかけコロカル|鳥取編

posted:2013.7.11  from:鳥取県  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

Kaori Ezawa

江澤香織

えざわ・かおり●神奈川生まれ、東京在住。フリーライター。友人に誘われふらっと訪ねた鳥取の旅で、 その良さに感動し、以後、山陰と深く関わることに。「山陰旅行 クラフト+食めぐり」(マイナビ)著者。 食、旅、クラフト等を通じて、日本文化とものづくりを応援。

credit

撮影:上原朋也
取材協力:鳥取県

空間全体をゆったり味わってこそ、一層愛おしくなる器。

周りは延々とひたすら続く、森と山と田園風景。
人里離れた山奥深くに、ふと現れる瀟洒な佇まいのお屋敷。
広々とした敷地に、ぐるりと回廊で囲まれた建物は、異国情緒に溢れ、
スペインの古い教会か、はたまた中国の四合院か、
空想の世界にいるような、不思議な趣が感じられます。
中庭の真ん中には、大きな睡蓮鉢に蓮の花が、
ふわりとピンクのあでやかな花びらを広げていることもあり、
一層、夢見心地な気分になります。

岩井窯の山本教行さんは、鳥取の民藝運動のリーダー、吉田璋也氏、
そしてバーナード・リーチ氏に出会って感銘を受け、
陶芸を志します。
島根の出西窯で修行し、1971年にこの地で窯を開きました。
岩井窯の器は、飾っておいても十分に嬉しい器ですが、
日々使うことでより深い味わいを感じることができます。
洋の東西を問わず、世界各国からさまざまなインスピレーションを受けた、
どこにもない独特の風合いの器です。
飄々と描かれた模様に、どこかユーモラスな愛嬌があり、
素朴でどっしりとした耐熱の器に、心強い安心感を感じます。
「作品それ自体はもちろん、その器にまつわるストーリーや、
展示空間を丸ごと味わってもらい、より多くの思い出を持ち帰って欲しい」
と山本さんは語ります。

せっかく遠くまで来ていただいたのだから、できるだけ楽しんで行ってくれればと、
敷地内には、山本さんのコレクションを展示した参考館や、
喫茶、食事処もあります。
参考館では世界各国から集めた手工芸品や、
山本さん自身の過去の作品を拝見することができます。
企画展やイベント、コンサート等が開催されることもあるそうです。
「喫茶 HANA」では、
素材を吟味して丁寧に作られた手作りのお菓子や軽食を
岩井窯の器で楽しむことができます。
趣味良く整えられた、素朴な部屋のインテリアにも心惹かれます。
「食事処 花」は、一日一組の予約制。
地元の食材をふんだんに使った贅沢な料理で、
岩井窯の器を中心に他のものも組み合せてコーディネートされ、
器使いの参考にもなります。

旅人へのおもてなし心があちこちに感じられ、一日いても飽きない場所です。
時間を忘れてゆっくり過ごしてみてください。

information


map

クラフト館 岩井窯

住所 鳥取県岩美郡岩美町宇治134-1 
TEL 0857-73-0339
10:00〜16:00 月・火曜日定休(祝祭日は開館)
臨時休館あり
「食事処 花」は、一日一組限定、要予約
http://www.iwaigama.com

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ