colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

自然の恵みをたっぷりいただける
「みたき園」

おでかけコロカル|鳥取編

posted:2013.7.11  from:鳥取県  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor’s profile

Kaori Ezawa

江澤香織

えざわ・かおり●神奈川生まれ、東京在住。フリーライター。友人に誘われふらっと訪ねた鳥取の旅で、 その良さに感動し、以後、山陰と深く関わることに。「山陰旅行 クラフト+食めぐり」(マイナビ)著者。 食、旅、クラフト等を通じて、日本文化とものづくりを応援。

credit

撮影:上原朋也
取材協力:鳥取県

藁葺き屋根の古民家で、自然の恵みたっぷりの料理を楽しめる。

鳥取県、奥地へ行くほど思いがけない素敵な場所が見つかったりするのですが、
ここはもう兵庫や岡山の境目あたり。まわりは山と森しかありません。
秘境といってもいいかもしれません。
さらさらと川が流れ、放し飼いのにわとりたちが、辺りをひょこひょこお散歩しています。入り口の門をくぐると、自然の野花がうららかに咲く小道の先に、
時代劇のような藁葺き屋根の家々が見えてきます。
家の中には囲炉裏があって、火を焚いた煙で屋根の藁を燻しています。
小道の奥ではたくさんの枝を立てかけて椎茸の栽培が行われていました。
ちょろちょろ流れる小川の中には石で囲いを作って、ラムネを冷やしていたり。
昔ながらの素朴な日本の暮らしがあちこちに感じられ、
まるでタイムスリップしたようです。

ふとしたところに、こんな風情ある光景が。

そんな古き良き日本を体感しながら、
気持ちよい景色の中でお食事ができます。
藁葺き屋根の鄙びた古民家の中で頂くのも味わいがありますし、
川沿いに点々と建てられた小さな川床で、
川の流れと緑の木々を眺めながらいただくのもいい気分です。
うど、ぜんまい、わらび、たけのこなど、季節の山菜をふんだんに使った手作りの料理で、
豆腐は朝から豆を挽いて作り、
わずかしか採れない天然のわさび、3年熟成の自家製味噌、
川で採れたヤマメやニジマス、山で仕留めたキジやイノシシなど、
自然の恵みがたっぷり。
さらに自分たちで育てた酒米を使って、
地元の酒蔵に仕込んでもらったという特別なお酒が、
キーンと冷やされた竹筒に入って出てきたりするのですから、ますます食が進みます。
食後に園内を散策していると、女将さんに声を掛けられ、
石臼で挽いたばかりのきなこをまぶした、ぷるぷるの草餅まで出していただき、
お腹いっぱいなのにぱくりと平らげてしまいました。

敷地の奥まで歩くと、山合いから静かに滝の流れる、気持ちの良いスポットがあったり、
その抜群の景色をぼおっと眺めながらお茶できるログハウス風のカフェがあったり。
ただぷらぷらと散策し、のんびり気ままに過ごしていても楽しい。
日頃の疲れがすうーっとほぐれます。
入り口には小さな売店があるので、ほかほかの田楽や手作りの味噌、野菜やお菓子、
地元の工芸作家の作品など、お土産にいいものを持ち帰りましょう。

カフェでちょっとコーヒーでも。緑に囲まれ時間がゆったりと流れます。

information


map

山菜料理 みたき園

住所 鳥取県八頭郡智頭町芦津277
営業時間 8:00〜17:00(食事は10:30~)
※要予約(電話にて) 
不定休

開園:毎年4月1日
、閉園:毎年12月上旬・積雪の時期まで
予約・お問い合わせ 
[昼] TEL.0858-75-3665 
[夜] TEL.0858-75-3311
http://www.mitakien.com/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend