colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

創業60年の洋食屋「グリルみつば」

おでかけコロカル|大分編

posted:2013.6.20  from:大分県別府市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

BEPPU PROJECT

2005年に発足した、大分県別府市を拠点に活動するアートNPO。別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」の開催や、「国東半島アートプロジェクト2012」のディレクションのほか、現代美術の普及やアーティスト・イン・レジデンス事業などを展開。フリーマガジン「旅手帖 beppu」の発行や、アートやダンス、音楽、演劇など多彩なプログラムが開催される市民文化祭「ベップ・アート・マンス」の運営など、まちとアートをつなぐ活動を続ける。
http://www.beppuproject.com/

祖父の代から続く、懐かしい味。

別府でいちばんと言われていたレストランや
米軍キャンプのキッチンで腕を磨いたおじいちゃんが、
気軽に多くの人が訪れる洋食のお店を作りたいと開いた
オープンキッチンスタイルの「グリルみつば」。
カウンター席だけのこぢんまりしたお店は、奥のお客さんが席を立つたびに、
ほかのお客さんが立って道を空ける。
ようやく入れた人気のお店は、隅々までピカピカに磨き上げられ、
温かで、いい匂いに満ちている。

昭和28年の開店当時、洋食を食べに出かけるのは晴れの日にというお客さんが多く、
目の前でできあがる料理にみんな目を輝かせていたという。
吟味を重ねた食材を、手間を惜しまずに調理した料理を味わってほしいという
おじいちゃんのお店には、その味に惚れ込んだお客さんが長く通ってくれるという。
山本さんは、おじいちゃん、お父さんの後を追うように料理の道に入った。
創業以来、地元のお店とつき合いを続けていたり、
冷凍庫が普及していない時代と同じように、
地元の新鮮な野菜や肉を仕入れて、すべてを料理に使いきる。
「頑固なところも継いじゃいました」と山本さん。
おじいちゃんの味を変えることなく守り続けるお店には
「昔の洋食が食べたい」というお客さんが多く訪れる。

information

map

グリルみつば

住所 大分県別府市北浜1-4-31
TEL 0977-23-2887
営業時間 11:30 ~ L.O. 13:30、17:00 ~ 21:00(L.O. 21:00)
火曜休

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend