colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

静かな森に包まれて
上質な読書を楽しめる
「キジブックス」

おでかけコロカル|長野編

posted:2013.3.7  from:群馬県北軽井沢  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Channel

チャンネル編集部

グラフィックデザイナーの青木圭さんと、編集・ライターの島田浩美さんのふたりで、2011年7月に長野市南県町に小さな本屋「ch.books(チャンネルブックス)」をオープン。「チャンネル」は、そのch.booksの2階を編集部に、隔月で発行されているフリーペーパー。「願わくば誰かの人生のヒントに。刺激に。」そんな目線で、自分たちの価値観や直観を軸に、チャンネルとch.booksは運営されている。ちなみにチャンネルの由来は、仕事で徹夜が続いた中での仲間同士の会話から。「ちゃんと寝る」。
http://chan-nel.jp/
ch.books

北軽井沢の森の中にある「麦小舎」は週末だけオープンするカフェ。
そのカフェに、古本と紙雑貨「キジブックス」が併設されています。
「気兼ねなく普通にお茶しに来る感覚でどうぞ」。
そんなオーナー夫妻の優しい物腰が素敵です。

どんどん登った山道の果てに現れる、
温もりのある山荘カフェと古書店。

麦小舎は、軽井沢の喧噪を抜け、不安になるほど山道を登って、
さらに未舗装の道をぐんぐん進んだ先に、そっと現れる木造の山荘です。
注意深く見ていないと見逃してしまうような、小さな猫の看板を辿った先にたたずんでいます。

2006年から平日は別々の仕事をしつつ
週末にカフェと古本屋を営むスタイルをとるおふたりの、
黙々と、でも楽しげに働くおふたりの姿が印象的です。

わざわざ足を運んだ地で、
料理と本をのんびり味わう多幸感。

ずらりと本が居並ぶ本棚から、
気になった本を手に取って、カフェでページをめくっていると、
目指して来ない限りは辿り着けないような場所ゆえの、
のんびりとした、でもあたたかくて、
「とっておき感」満点の空気が身を包みます。

メニューの人気は、手作りパンを使ったハンバーガー。
合挽ハンバーグのハンバーガーは、
パテもさることながら野菜がとても美味しく、スープとポテト付き。
そんな身体に優しいメニューが並ぶカフェと、
納屋のような一坪ほどのスペースに、所狭しと本が並ぶ古本屋は、
どちらも単体としての利用も可能です。
旅行で訪れるならおすすめは春から夏にかけて。
温かい季節になれば、庭にあるハンモックも利用可能で、
身も心もすっかりリラックス。
自然あふれるこの場所に足を伸ばして、
とっておきの時間を過ごしてみてはいかが?
(※写真はすべて2011年当時のものです)

information

map

麦小舎・キジブックス

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-3407

営業時間:土曜・日曜・祝日の10:00 ~ 16:30(LO16:00、10〜11月は16:00閉店)

定休日:月曜~金曜

Web:http://www.mugikoya.com/top.html

Feature  これまでの注目&特集記事