colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

タイ料理店「アロイ食堂」。
人気の秘密は、本場感あふれる
料理と家庭的なおもてなし。

おでかけコロカル|長野編

posted:2013.3.7  from:長野県長野市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Channel

チャンネル編集部

グラフィックデザイナーの青木圭さんと、編集・ライターの島田浩美さんのふたりで、2011年7月に長野市南県町に小さな本屋「ch.books(チャンネルブックス)」をオープン。「チャンネル」は、そのch.booksの2階を編集部に、隔月で発行されているフリーペーパー。「願わくば誰かの人生のヒントに。刺激に。」そんな目線で、自分たちの価値観や直観を軸に、チャンネルとch.booksは運営されている。ちなみにチャンネルの由来は、仕事で徹夜が続いた中での仲間同士の会話から。「ちゃんと寝る」。
http://chan-nel.jp/
ch.books

裏通りに面しているものの、口コミで評判が広がり、
今ではすっかり人気店となっている、タイ料理屋「アロイ食堂」。
それもそのはず。オーナーの小林さんご夫妻は、慣れ親しんだ本場の味を再現するために、
毎年夏にタイへ渡るというこだわりの持ち主だから。

野菜たっぷりヘルシー麺には、
調味料のチョイ足しがマッチ!

おすすめのひとつは「クティオ ナーム」(800円)。
鶏の身をベースにしたスープに米麵と野菜、鶏ひき肉がたっぷりで、
ヘルシーだけど男性も満足できるボリュームが魅力です。
テーブルに用意されたナンプラーやお酢や砂糖や唐辛子など4つの調味料を少しずつ足しながら、
自分好みの味に調整するのがポイント。
この他のメニューも、可能な限り添加物を使わず、
旬の野菜を使用しているため安心して楽しめます。

オーナー夫妻の優しさに、
また通いたくなること間違い無し!

混雑時に店主の小林裕樹さんが「先にクティオ頼んだ方は?」と聞けば、
客同士で「この人だよ~」と譲り合う、あたたかい雰囲気が魅力的。
「店に来てくれた人は家族のようなもの」と話す小林さんの、
気さくな接客がそうさせているに違いありません!
また、料理担当のリエさんは、
寒い日は辛く、風邪を引いている人には漢方の効果もある香草を多めにするなど、
心とカラダに染みる気遣いをさりげなくしてくれます。
思わず距離を縮めたくなるタイ食堂。
リピーターが多いのも納得!
こんな、地元の人気店との出会いも、旅行の醍醐味じゃないですか!?

information

map

アロイ食堂

住所:長野市新田町1108 小林ビル1F

TEL:026-234-7540

営業時間:11:30 ~ 14:00(LO13:30)、17:30 ~ 20:00(LO19:30)

定休日:土曜・日曜・祝日

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ