colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

odekake

アウトドアガイドのオーナーと、
山や川へのツアーも。長野駅前の
「森と水 バックパッカーズ」

おでかけコロカル|長野編

posted:2013.3.7  from:長野県長野市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Channel

チャンネル編集部

グラフィックデザイナーの青木圭さんと、編集・ライターの島田浩美さんのふたりで、2011年7月に長野市南県町に小さな本屋「ch.books(チャンネルブックス)」をオープン。「チャンネル」は、そのch.booksの2階を編集部に、隔月で発行されているフリーペーパー。「願わくば誰かの人生のヒントに。刺激に。」そんな目線で、自分たちの価値観や直観を軸に、チャンネルとch.booksは運営されている。ちなみにチャンネルの由来は、仕事で徹夜が続いた中での仲間同士の会話から。「ちゃんと寝る」。
http://chan-nel.jp/
ch.books

長野駅から徒歩5分の「自由な安宿」。
アウトドア満喫旅行の拠点にも。

「森と水 バックパッカーズ」は、アウトドアガイドの三井明高さんが、
長野駅前の5階建てビジネスホテルを改装したリーズナブル極まりない宿。
以前は、東京から新幹線で長野に来る旅行者をメインに、
戸隠や白馬のガイドをしていたという三井さん。
「前日から長野にお越しいただき、翌早朝から山や川などにお連れできるので、
より長野を楽しんでいただける」
と、宿を作ったメリットをガイドならではの観点から語ります。

以前は2階と3階の4室を宿泊者向けに使っていましたが、
線路沿いの立地を利用した「トレインビュールーム」を新たに設置。
音が少しうるさいですが、その分、個室・ドミトリーともに料金が割安に。
5階の屋上から見下ろす長野市内の眺めも抜群で、夕涼みにもおすすめです。

information

map

森と水 バックパッカーズ

住所:長野県長野市中御所1-6-2

TEL:026-217-5188

料金:

ドミトリー:標準(男女別。4人部屋。エアコン付き。2段ベッド)2500円

ドミトリー:トレインビュー(男性のみ。雑魚寝タイプ。冷房無し。鉄道ファン向け)2200円

個室:標準(エアコン付き)ツイン3500円・トリプル3000円・クワッド2500円

個室:トレインビュー(エアコンなし)ツイン2500円・トリプル2200円・クワッド2000円

※すべて1人あたりの料金

Web:http://www.morimizu.net/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ