colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

馬頭のオブジェをかぶって
十和田の街をジャック!!
ウマジン100人パレードが
3年ぶりに帰ってきた!

コロカルニュース

posted:2018.9.5  from:青森県十和田市  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

馬の頭の形をしたオブジェ“ウマジン”をご存知でしょうか。
青森県十和田市で生まれたコミュニケーションツールです。
2012年から2015年までは、秋まつりの一イベントとして
ウマジンをかぶって街なかを練り歩く『ウマジンパレード』が行われました。

そして、今年なんと3年ぶりの復活が決定。
今週末、9月8日(土)は十和田に集合です!

グッドデザイン賞も受賞したウマジン

ウマジンはこんな形のオブジェです。

ウマジンはこんな形のオブジェです。

ウマジンとは、十和田市在住のイラストレーター
安斉将さんが手がけた馬の頭型のオブジェ。
段ボールやプラスチック製があり、高さ84cm。
大人の頭から鎖骨のあたりまでが覆われる設計になっています。

バーのカウンターに並ぶウマジンをかぶった人たち

どこにいてもシュールな画になる不思議。

雑誌や広告など、東京を拠点に活躍していたイラストレーター
安斉将さんは、2010年に青森県十和田市へ移住。

2012年に、十和田青年会議所から
十和田市秋まつりのキャラクターデザインを依頼されたことが
ウマジン誕生のきっかけとなりました。

もともと十和田市は馬の産地で、
県の無形民俗文化財にも登録されている『南部駒踊』では、
馬の駒を模した衣装を身につけます。
そんな、十和田市民が慣れ親しんだ馬を、現代風に昇華したのがウマジンなのです。
2014年度にはグッドデザイン賞を受賞しました。

次のページ
あなたもぜひウマジンに!

Page 2

歩道橋に一列にならぶウマジンパレード参加者たち

こんな集団が街なかにいたら二度見は避けられません。

2012年から2015年までは、
安斉さんをはじめとする有志のメンバーで構成される〈安斉研究所〉と、
青年会議所が一丸となってウマジンパレードが開催されました。

2014年からは、東京を拠点に活動している十和田市出身のダンサー、
後藤かおりさんが振り付けしたダンスをみんなで踊るなど
盛り上がりを見せたといいます。

ウマジンパレードで友達100人できるかな?

前回のウマジンパレードの様子。

前回までのパレードの様子。

その後、青年会議所の手を離れ、パレードが行われない年が続きました。
しかしながらウマジンは、地域に興味を持つきっかけとなり、
コミュニケーション不足を解決するために有効なツールだと再認識。
そこで、ウマジンの原点である、秋まつりでの
ウマジンパレードを復活させることになりました。

十和田市現代美術館の馬のモニュメント前。地元の子どもたちにもウマジンは大人気。

十和田市現代美術館の馬のモニュメント前。地元の子どもたちにもウマジンは大人気。

持続可能な取り組みにするためには資金調達が不可欠ということもあり、
〈十和田ウマジン〉という団体を立ち上げ、今回は同団体が主催。

〈安斉研究所〉からウマジンを購入し、参加者へ販売します。
さらに研究所メンバーのダンサー、後藤かおりさんに
振り付けを依頼するという形で運営するイベントです。

ウマジンをみんなでかぶって記念撮影

さぁ、ウマジンをみんなでかぶろう!

かぶればみんなが笑顔になり、一体感と絆が生まれます。
世代や国境を超えた共通言語のような、
魔法のようなコミュニケーションツール、ウマジン。
あなたもパレードに参加して、友達100人、作ってみては?

information

map

ウマジンパレード2018 in 十和田市秋まつり

開催日程:9月8日(土)13:00〜18:00

参加料:大人1,000円 高校生以下500円

※パレード復活記念で今回は特別にマイウマジンを持参した方は参加料が無料

申し込みについては下記のいずれかから

応募フォーム Facebook

mail:dai6345789@star.ocn.ne.jp

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend