colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈佐藤茅葺店〉
日本の風景に茅葺屋根を。
そんな夢から生まれた
“運べる茅葺小屋”

コロカルニュース

posted:2018.3.25  from:秋田県横手市  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

夏涼しく、冬暖かい茅葺屋根の家。
秋田県に、そんな茅葺屋根の小さな小屋をつくっている方がいます。
それがこちらの「運べる茅葺小屋」。

サイズは2種類。大きなサイズでも分解すれば軽トラック1台で運べます。(※サイズはご希望に合わせて変更可能)

なんとも可愛らしいですね! 使い方は犬小屋として、
展示会のブースとして、遊具として……などなど、自由。
屋根の素材は「穂わら」「ススキ」「ヨシ」の3種類から選べます。

こちらを手がけたのは、秋田県〈佐藤茅葺店〉の佐藤偉仁(ひでと)さん。
屋根部分は佐藤さんが、組み立て式の木の土台は宮大工の方が
ひとつずつ手作業でつくっているそうです。

〈佐藤茅葺店〉佐藤偉仁さん。

じつは現在、新たに茅葺き屋根を設置することは、消防法により、
特定の観光エリアにある特例区でしか認められていないのだそう。
茅葺屋根を見かけない理由は、日本人の暮らしが変わったから
という理由だけではなかったんですね。

そんな茅葺屋根に惹かれた佐藤さんは
「減っていく一方の茅葺屋根を次の世代の景色に残したい」
という思いから宮城県石巻市にある〈熊谷産業〉で修業。
2006年に独立し、地元、秋田に佐藤茅葺店を開業しました。

茅をしまっておく茅小屋。

佐藤さんは、茅葺きの「茅」から自分たちの手でで育てているのだそう!

「現在は家業の稲作りと兼業しながら、自分たちで茅を育て、
ふたりの弟子とともに地元をはじめ、全国の茅葺屋根の工事に赴いています。
現在では新築で設けられるエリアが限られているため
補修工事が主ですが、一般住宅から重要文化財の
屋根工事にまで携わっています」(佐藤さん)

こちらは、佐藤さんのご自宅。

「自宅は風景の一部ような家にしたいと思って建てました。
全体の設計は知り合いの建築家の方に依頼し、
茅葺部分や茅葺小屋は佐藤茅葺店でつくりました。
景色がいいので、庭でおにぎりを食べても、おいしい気がします(笑)。
贅沢な生活をさせていただけて、ありがたいです。
子どもたちも伸び伸びと育てばいいなと思っています」(佐藤さん)

次のページ
建材から燃料まで! 広がる「茅」のメリット

Page 2

サスティナブルな建材から燃料まで! 広がる「茅」のメリット

とっても魅力的な茅葺屋根の家。
佐藤茅葺店の佐藤さんに、どんなメリットがあるのか聞いてみました。

「茅葺屋根は湿気の調整をしてくれ、天然のエアコンのような
役割をするので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
雨の日は屋根にあたる雨の音がしなくて、静かです。

建築素材としても大きなメリットがあり、
屋根で使った茅は畑のたい肥にでき、そこでまた茅を育てて屋根に
使える、サスティナブルな素材です。

それからヨーロッパではバイオマス燃料として利用されていたり、
水辺に生えるヨシは過剰な栄養を吸い取ってくるので、
水質の改善にも使われています。
何より茅葺の屋根は、他の素材では出せない温かみのある外観と、
入った時の癒される感じが魅力ですね」

農機具小屋は子どもたちの格好の遊び場

佐藤茅葺店では「こんな風に茅を使ってみたい」「こんな遊具をつくってみたい」
などといった、茅の新しい使い方の相談にものってくれるそう。
また、全国の文化財住宅や神社などでも、佐藤さんの仕事を見ることができます。
詳しくは公式サイトやFacebookをチェックしてみてくださいね!

佐藤茅葺店が修繕を手がけた〈旧大石家住宅〉(東京都江東区 仙台堀川公園内ふれあいの森)。江戸時代に建てられた区内最古の民家建築です。毎週土曜・日曜・祝日の10時〜16時まで見学もできます。(年末年始と月曜〜金曜は公開していません)

information

map

佐藤茅葺店

代表:佐藤偉仁(茅葺師連絡協議会会員/二級建築士)

住所:秋田県横手市平鹿町浅舞字餅田90-2

業務内容:茅葺屋根工事/茅葺小屋の設計販売

電話:0182-24-0648

Web:佐藤茅葺店 Facebook

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend