colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈森びとの会〉
国産の木材を愛する
家づくり集団

木のある暮らし
ーLife with Woodー
vol.073|Page 1

posted:2015.8.21  from:全国  genre:ものづくり

〈 この連載・企画は… 〉  日本の面積のうち、約7割が森林。そのうちの4割は、林業家が育てたスギやヒノキなどの森です。
とはいえ、木材輸入の増加にともない、林業や木工業、日本の伝統工芸がサスティナブルでなくなっているのも事実。
いま日本の「木を使う」時かもしれません。日本の森から、実はさまざまなグッドデザインが生まれています。
Life with Wood。コロカルが考える、日本の森と、木のある暮らし。

editor profile

Tomohiro Okusa

大草朋宏

おおくさ・ともひろ●エディター/ライター。東京生まれ、千葉育ち。自転車ですぐ東京都内に入れる立地に育ったため、青春時代の千葉で培われたものといえば、落花生への愛情でもなく、パワーライスクルーからの影響でもなく、都内への強く激しいコンプレックスのみ。いまだにそれがすべての原動力。

credit

撮影:高見知香

自然素材住宅のため、思いをひとつに

葉山に建築中の、ある立派な戸建て住宅。国産木材で建てられている。
建築士は地元・鎌倉にアトリエを構える日影良孝さん。
施工会社は東京の〈エコロジーライフ花〉。
使用している木材は宮城の〈くりこま木材〉。
実はこの3者は、〈森びとの会〉を結成しているおなじみの仲間だ。

森びとの会は、現在5社が集まり、
国産材を中心に、自然素材の家づくりを目指す集団。
思いをひとつにする工務店が集まり、1社ではできないことも、協力して行っていく。
日影さんはオブザーバーを務めている。

「ひとつの工務店で得られる知識量は、
たとえ積極的に勉強をしていたとしても限られます。
しかし何社か集まって、講師を呼んでセミナーを催したりすることで、
より情報を得られます。例えば、この木造2階建てを建てるとき。
通常は耐震対策としては合板を使いますが、
“それを使わずに無垢材を利用したいときは、どうすればベストか”。
構造の大家に聞きに行き、大学で実験もしました」と教えてくれたのは、
自身も一級建築士であるエコロジーライフ花の直井徹男さん。

「同じ方向性の考え方を持っている者同士で、宣伝して、信用力を高めていきたい」と、
くりこま木材の大場隆博さんも言う。

通常の合板ではなく、無垢材でも斜めにすることで、耐震性を高められる。

(左から)エコロジーライフ花の直井徹男さん、建築士の日影良孝さん、くりこま木材の大場隆博さん。

自然素材の家を建てることが山の活性化へ

エコロジーライフ花の直井さんは、
自然素材へのこだわりを「起業してからのポリシー」だと語る。
「昔ながらの素材を使うことを心がけていきたいと願って会社を始めたけど、
当初は材料が手に入らないし、職人もおらず、しんどかったですね。
町場の材木屋さんに行っても、商社から買った外材のオンパレード。
自ら山にも行ったけど、まだ閉鎖的な社会で、国産材は出てきませんでした。
そんなとき、大場さんに出会い、オール国産材という夢が叶いました」

10数年前、大場さんに宮城県の栗駒の森を見せてもらったという。
光の射す森もあるが、薄暗い森が多い。下草も映えておらず、細い木ばかり。
森の問題点をまざまざと見せつけられた。
もちろん大場さんの思いは、そんな森を改善していくこと。
いまのままでは、日本にとっても海外にとってもいいことはない。

「外材は、途上国で乱獲されている木材が多い。
つまり私たちはほかの国の森を荒らしているんです。
しかも、国内の森も手入れをしないので、荒らしている。
だから、自分たちの森に手を入れてきれいにすることで、
他人の森を荒らさないようにしたいと思いました」(大場さん)

どちらにとっても、よくない負のスパイラル。
そしてまさに目の前にあるのは、荒れた森。これを放置するわけにはいかない。

「荒らした森の木を、誰かが使わないといけません。
そうしないと、次世代にいい森を残せるわけがない。
なんとか建築材として利用していきたい」(大場さん)

木の香りがすがすがしい建築中の家から。各所のこだわりを説明してくれた。

そうした山側の気持ちをくんだ仕事を、日影さんも心がけている。
日影さんは、山に行って、森を見て、木を見て、丸太を見ないと図面を書けないという。
それはすべてが顔の見える関係ということ。

「大場さんに、建て主と会ってもらうことはとても重要なんです。
木を準備する人も、建て主の顔を思い描いて仕事できる。
これができるのとできないのとでは、大きな違いです」(日影さん)

「誰かわからないのと、あの人だ! って顔が思い浮かぶのとでは、
モチベーションが全然違います。
逆に、建て主もどこの木材を使っているか、理解につながる。
それは知らないうちに宮城の森を守っていることになるんです。
僕たちみたいな小さな工場が各地にたくさんあれば、
森の活性化につながると思います」(大場さん)

通常は隠れてしまう壁の中。構造的な特徴である登り梁は、大きな屋根でひさしを深く出すため。

Recommend