colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

のどかな五城目町に
子育て世代が集まるワケとは?
丑田香澄さん 秋田そだち Vol.2

PEOPLE
vol.040|Page 1

posted:2016.12.16  from:秋田県南秋田郡五城目町  genre:暮らしと移住

sponsored by 秋田県

〈 この連載・企画は… 〉  ローカルにはさまざまな人がいます。地域でユニークな活動をしている人。
地元の人気者。新しい働きかたや暮らしかたを編み出した人。そんな人々に会いにいきます。

writer profile

Ikuko Hyodo

兵藤育子

ひょうどう・いくこ●山形県酒田市出身、ライター。海外の旅から戻ってくるたびに、日本のよさを実感する今日このごろ。ならばそのよさをもっと突き詰めてみたいと思ったのが、国内に興味を持つようになったきっかけ。年に数回帰郷し、温泉と日本酒にとっぷり浸かって英気を養っています。

credit

撮影:中田健司

秋田の豊かな自然と風土のなかで育まれてきた人、そして育まれていく子どもたち。
秋田の恵みをたっぷり受けながら暮らす人を全3回のシリーズでお伝えしていきます。

故郷秋田をなんとかしたい

魅力的な人が、魅力的な人を磁石のように引き寄せている地域が秋田にある。
八郎潟の東部に位置する五城目町だ。
秋田市と隣接しているこのまちは、市の中心から車で30分ほど。
ビルがなくなり、住宅街がなくなり、田んぼと山の間に集落が点在するような
風景に変わって、さらにしばらく車を走らせて辿り着くようなのどかな場所だ。

以前コロカルで紹介した、秋田県の映像プロジェクト〈True North, Akita〉vol.1の撮影の舞台ともなった五城目町。(画像:augment5 Inc.)

丑田香澄さんが夫と当時3歳の娘とともに、五城目町に移住したのは2014年春。
秋田市出身の丑田さんは、東京の大学に進学して、
就職先の大手IT企業でご主人と出会い結婚。五城目町への移住を切り出したのは、
意外なことに東京出身のご主人のほうだった。

「私としては、秋田は好きだけど、やりたい仕事は都会にあると思い込んでいたので、
東京にそのまま住み続けるんだろうなと漠然と思っていました」

そんな丑田さんの心境が変化するきっかけはいくつかあったが、
最も大きかったのは、子どもが産まれたことだった。

「東京では車通りの多いところに住んでいたので、
『絶対に飛び出しちゃダメだよ』と子どもの手をギュッと握り、
公園に着いてようやく離せるような状況でした。
私が生まれ育った秋田市もいまはだいぶ整備されたのですが、
小さい頃はひとりで勝手に外へ遊びに出かけて、
トンボなんかを捕まえているような感じだったんですよね」

マンションの中でも階下に響かないように、静かに歩くよう注意したり、
家の中でも外でも気を張っていなければいけなかった。
出産を通してライフスタイルや価値観が大きく変わる女性は多いけれども、
丑田さんの場合、それまで考えもしなかった起業をしてしまう。

「最初に就職した会社は3年くらいで飛び出してしまい、
より自分らしく働ける道を模索しながら右往左往していました。
そんななかで出産後の女性を支援する、〈ドゥーラ協会〉という法人を
仲間と一緒に2012年につくったんです」

ベビーシッターが赤ちゃんをお世話する存在だとしたら、
ドゥーラというのは赤ちゃんを育てるママをサポートする存在。
アメリカやイギリスではひとつの職業としても確立されているが、
里帰り出産の文化が根づいてきた日本では、地域の産婆さんや
出産した女性の母親が育児や生活のフォローをするのが一般的だったため、
それほど必要とはされてこなかった。

しかし出産年齢の高齢化により親の世代もまた高齢化し、
育児を手伝ってもらうことが難しくなったり、
近隣とのコミュニケーションが希薄な都市生活で、
困ったときにすぐに頼れる人がいなかったりという理由で、
ここ数年、産後うつの発症率が増えているのだそう。

丑田さん自身は、幸いそういった状況に陥らなかったものの、
ある助産師との出会いがきっかけで、これと思える仕事を見つけることに。

「やりがいのある仕事だったので、夫が秋田で事業をやりたいと言い始めたとき、
最初はやっぱり悩みました。ただ、秋田で子育てをしたい気持ちもあったし、
私にとっての次のテーマとして、おこがましいんですけど、
秋田をなんとかしたいっていう思いもどこかにあったんですよね。
故郷から聞こえてくるニュースは、少子高齢化が進んでいるとか、
自殺率が高いとか、悲しいことばかりだったので……」

故郷を離れている身としては、たくさんあるはずの明るいニュースを
かき消してしまうほど気がかりだったのだろう。
そして自分と同じく、母親として奮闘する女性の
さまざまな価値観に触れたことも大きかったのかもしれない。
ドゥーラ協会の直接的な運営を仲間に託して、
丑田さんは代表から理事という立場になり、家族とともに移住することを決意した。

Recommend