colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

odekake

〈林屋鮓店〉
老舗鮮魚店が営む
淡路島の魚にこだわった寿司屋

おでかけコロカル|淡路・洲本編

posted:2016.2.26  from:兵庫県淡路市  genre:旅行

sponsored

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

text & photograph

Yoshiaki Tamura

田村慶明

たむら・よしあき●奈良生まれ、大阪在住。ライター&フォトグラファー。大阪のデザイン会社、印刷会社、編集プロダクションを経て2010年よりフリーで活動。京阪神を中心に雑誌やWebなどの編集・広告の制作を行う。ランニングと筋トレと旅行と陶芸が趣味。

credit

Supported by 神戸市

魚屋さんならではの、新鮮な絶品にぎり

岩屋港や明石港からその日に仕入れた魚介を
地元ならではの低価格で販売する鮮魚店〈林屋〉。
淡路島で100年以上も続く老舗とあって、
入り組んだ住宅街にもかかわらず、毎日ほんとに大盛況。
そんな林屋が約20年前、仕入れた魚介を利用して始めたのが寿司処〈林屋鮓店〉です。

さまざまなネタのなかでも、すぐ近くの岩屋港でとれたタイやヒラメ、
メバルなどの白身魚が自慢で、プリプリした身の食感がとにかく美味! 
お店用に仕入れた鮮魚からの選りすぐりのみがにぎられるため、
すべてが絶品なんですね。

だからこそ、こちらでのおすすめは、その日仕入れたネタで勝負する
10貫の「おまかせにぎり」。
選び抜かれた旬もの10貫ですから、おいしいのは言うまでなく、
目の前に出てくたときの驚きや楽しみもごちそうです。
さらに、それが3000円~と、鮮魚店ならではの価格。食べないと損!

板前の関勇輔さん曰く
「うちは締めたり熟成したりせず、とにかく新鮮の直球勝負です!」
漁港近くの鮮魚店が営む利点もあり、
新鮮さ、味、値段のどれをとっても文句なし、ですね。

そんな〈林屋鮨店〉、人気店ゆえにオープン直後はすぐ満席となっていしまいます。
平日でもオープンしてからものの数分で席が埋まるほど。
週末ともなると島外からのファンも多いため、できる限り予約してから訪れましょう。
それほどまでしても訪れたい、そして味わいたいお寿司が待っています。

information

map

林屋鮓店

住所:兵庫県淡路市岩屋1168

TEL:0799-72-5544

営業時間:11:30~15:00(14:30最終入店)、16:30~21:00(20:00最終入店)

定休日:月曜日・木曜日(祝日の場合は営業)

Tags  この記事のタグ

Recommend